1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

気になる噂を徹底調査!都市伝説をテーマにした漫画まとめ

都市伝説が好きな人にオススメです。(東京カラス、今宵、都市伝説をご一緒に!、三島凛は信じない!、なまずランプ、ルート3、都市伝説)

更新日: 2017年04月02日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
209 お気に入り 61117 view
お気に入り追加

◎『東京カラス』 宮下裕樹

女子高生大島田満子率いる「都市伝説研究会」は、不条理、不可思議な事件に真っ向から勝負を挑む、勇気ある軍団。

東京カラスはまず題材が最高よな。都市伝説とか大好物ですし絵も大好物です。

東京カラス面白いんだぞ! これは慈悲であり慈愛である!って決め台詞ちょうかっこいい

自分でもよく忘れるオススメ漫画紹介…。 今日は『東京カラス』を。 内容は帯にもあるように都市伝説で噂になった妖怪の様なものを、霊感のない粗暴な女子高生が退治していく感じです! 興味がある方は是非♪ pic.twitter.com/Adph84dFzf

◎『今宵、都市伝説をご一緒に!』 いとうえい

怪異フェチの変態学者が助手の女子大生を引きずりまわし、可愛い娘だらけの都市伝説を隅々まで徹底調査!!

実はかわいい女の子であるメリーさん、口裂け女、八尺様、トイレの花子さんなどに対して笹塚が体の隅々まで調べようとする、ちょっとエッチな要素も見どころだ。

いとうえい先生の今宵、都市伝説をご一緒に!を読んだ 良かった(KONAMI感) 叙火先生の八尺様は勿論ブラボーだったけど、いとうえい先生の描く八尺様もええな! でも八尺様体格的差に緩いんじゃね?という疑問に見事に答えてくれたよ。緩いんだね…(´・ω・`)

◎『三島凛は信じない!』 倉薗紀彦

不思議なことが大嫌いな天才少女・三島凛。彼女の助手にされた芥川周太郎。二人は凛が設立した 「オカルト撲滅研究会」 で、不思議を否定する活動を開始するが……?

三島凛は信じない!ラストまで読んだ。当初想像してた流れとは予想の斜め上の方向に行ったが、これはこれでいいラストだった。

「三島凛は信じない! 1巻」(倉薗紀彦)読了。超常現象を一切信じない三島凛が、部活で超常現象の謎、インチキを暴いていく話。絵はまだまだ未完成だが、キャラとストーリーは面白い。続きも読もう。

三島凛は信じない! っつー漫画が中々面白い もう少し内容が濃くてもいい気がするが、その軽さも案外いい感じ コレはもっと売れてもイイと思うんだが…… 今年の二月に発売されたコミックの初版手にはいると思わなかったよ……

◎『なまずランプ』 たかぎ七彦

時は幕末、人殺しの罪を着せられて入牢中だった平次郎はひょんなことから江戸城の御金蔵を破った犯人を追うことに…。身代りに入牢した妹を救うため、不運な男が八百八町を口八丁で駆けまわる!

「幕末都市伝説なまずランプ」(たかぎ七彦/講談社)1巻。江戸を舞台にしたミステリーで、どこか都筑道夫のなめくじ長屋捕物さわぎシリーズを思い出させる雰囲気がある。絵もこれから味がどんどん出そうなニュートラルな感じ。『モーニング』ってこういうマンガがちゃんと続くから侮れない。

モーニングの『なまずランプ』が面白い。主に兄妹漫画として。いやなんつーか幕末ものってJINを含めて最近ブームじゃん。こっちもいけるかもだお。

なまずランプは前章と中章だけでも面白いし、話が完結してはいるから是非よめ

◎『ルート3』 みなぎ得一

「災禍の召喚術師」が引き起こした「大召喚」で、至る所に魔界や異界、亜人や人外が出現した混沌世界。中等部に通う光前寺・保由、久木・初音、二ツ岩・魔魅の3人の前に、次々と現れる都市伝説とは!?

みなぎ得一先生が描いているルート3とゆうマンガは、都市伝説のいわれやバリエーションを紹介しつつ、その起源を独自色豊かに考察しているので、都市伝説好きには非常にお勧めなのだ。

気まぐれで買ったルート3って漫画、都市伝説ネタ満載で面白いなぁ。足洗邸の住人たちの作者なんだけど巻数多くてちょっと買うのをためらってたけどそっちも読んでみようかなぁ

【ルート3】3巻読んだ。このシリーズ 都市伝説を知れるだけじゃなくって成り立ちや、独自の解釈を語ってくれるので すごく勉強になる。

√3(ルート3=ひとなみにおごれやおなご)読了。 みなぎ得一独特のサイバーパンクとは違った世界観で、人と妖が生きて行くっていつもの展開かと思いきや、三人揃うと狐狗狸になる妖怪娘(見た目は完璧に人間)が都市伝説をベースにした怪異を解決して行く話だった

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する