1. まとめトップ

【固定Tweet】

1. 放射性物質を集め易い性質を持つ植物の共通成分を調べてみました。共通しているのは「テルペン」という炭化水素です。 (◯◯テルペンと記載、あるいはアウクビン、カロテノイドといった記載もある)

======================

2017年4月12日 アメリカ ミズーリ州コロンビア。 2015年に 375の洞窟と鉱山を調査した結果、ウサギコウモリは 2,684頭。 この冬 300以上の洞窟の調査では 6頭。真菌に侵されているという。 コウモリの消滅は害虫… twitter.com/i/web/status/8…

コウモリの消滅は害虫個体数を増加させる可能性があると。

【数百万匹に1匹】フランス西部ブレストのオセアノポリス水族館で撮影された青いロブスター。青くなる理由は? afpbb.com/articles/-/312… pic.twitter.com/YDIwYF2Po4

成木をたちまち枯死させてしまう外来種クビアカツヤカミキリが不気味に住み家を広げている…マニアによる拡散も? sankei.com/premium/news/1… またバカニュースやってる。

2017年4月4日 アメリカ ニューヨーク州 クイーンズ ロッカウェー・パークの沖合に 30フィート、約20トン、2歳ぐらいのザトウクジラの死骸。 当局が海岸まで曳航。 pic.twitter.com/FrcYYAyc9f

【激レア】 10万匹に1匹のメラニン色素を持たないリス発見 @イギリス pic.twitter.com/9vmFA0roc5

公園にカラスの死骸20羽、昨日は50羽 3月25日 news24.jp/articles/2017/… 25日、東京都練馬区と板橋区にまたがる城北中央公園で、約20羽のカラスが死んでいるのが見つかった。この公園では、24日も約50羽のカラスの死骸が見つかっていた。

2017年3月 ブラジル 南東部で 2016年後半から何千何万のクモザル科の猿が死んでいる。 鳴き声がせず「森を静寂が支配している」と…。 セルジオ・メンデス博士「クモザルの約80〜90%が黄熱病に感染しているか、既に死亡してい… twitter.com/i/web/status/8…

既に死亡しています。これは本当の大惨事です。」

「杉こぶ」の放射能汚染moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-214… 「スギこぶ病」は子のう菌の一種が引き起こすスギの病害でこれに罹病すると枝や葉,場合によっては幹に大小のこぶが生じ樹勢が衰え枯死にいたる。放射能を測定してみると、… twitter.com/i/web/status/8…

飯舘村のものや浪江町のものはとてつもない値

@oldblue2012 実際の森林ではこの「スギこぶ」からこのように放射線が発散しているわけである。スギこぶ菌にやられた杉は結局倒木して急速にシロアリなどの小動物に食べられ土壌中に有機物として帰っていく。放射性セシウムも同じ運命… twitter.com/i/web/status/8…

放射性セシウムも同じ運命をたどり
森林生態系の元素循環の中に繰り込まれていく

「放射能を可視化する」 森 敏教授 は3.11以降、植物、動物をはじめ、さまざまな物の放射線像を撮ってこられました。 茨城県某大学の体育館の女子トイレの換気扇  埃が汚染されている 森 敏教授「茨城以外で横浜でもこうなってるんで… twitter.com/i/web/status/8…

森 敏教授「茨城以外で横浜でもこうなってるんですけれども・・・」

@oldblue2012 つくば市の民家の室内への換気口のフィルター 2012年2月 森 敏教授「実際に住んでる人は吸ってるわけです」 pic.twitter.com/y9uAuPz7PK

ドクダミの放射能汚染について moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-180… 東大農学部名誉教授 森敏氏ブログ 茨城県北産の乾燥ドクダミ ●ドクダミの根  セシウム合算 1154 ベクレル/kg ●ドクダミの葉  セシウム合算 528 ベクレル/kg

コスモスの種子の高い放射能moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-212… コスモスは栽培種であるので、根からの養分吸収力(吸肥力)がつよく、根が浅いので絶えず表層の放射能汚染土壌から放射性セシウムを容易に吸収してきたものと思われる… twitter.com/i/web/status/8…

種子のセシウム合計 65700ベクレル/kg

1 2





シャンティ・フーラの時事ブログは、3.11の東日本大震災以降、今という時代をいかに正しく生きるかという観点から、竹下雅敏氏とシャンティ・フーラ翻訳・編集チームが貴重な情報を紹介しているブログです。


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう