1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

☆チャイコフスキー【バレエ組曲「くるみ割り人形」より】

☆チャイコフスキー【序曲『1812年』】

☆ショスタコーヴィチ【祝典序曲】

☆ハチャトゥリアン【剣の舞】

1942年に作曲されたアラム・ハチャトゥリアンのバレエ『ガイーヌ』の最終幕で用いられる楽曲である。
初演前日になって「クルド人が剣を持って戦いの踊りを踊る」場面が追加されることになり、ハチャトゥリアンは急遽その場面のための曲を作曲する必要に迫られた。そして彼は踊りにふさわしいリズムを机を指で叩きながら徹夜で考案した末に現在の曲で使用されているリズムを閃き、一挙に曲を作り上げたと伝えられている。
この曲は彼の名を後世に残すことに大きく貢献したが、あまりにも曲だけが有名になってしまったため、本人にとっては複雑な心境だったらしい。

☆ムソルグスキー【展覧会の絵】

元々はピアノ組曲。後世にラヴェルなどによって編曲された管弦楽版によっても知られる。
ムソルグスキーが、友人であったヴィクトル・ハルトマンの遺作展を歩きながら、そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものである。ロシアにとどまらずフランス、ローマ、ポーランドなどさまざまな国の風物が描かれている。

☆ドビュッシー【交響詩「海」 】

題名の通り、海の情景を表した標題音楽。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。この作品の次作にあたる管弦楽のための『映像』の作曲中にドビュッシーは、「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間なのだ」と語っている。1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。
これはドビュッシーと当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。

☆ラヴェル【ダフニスとクロエより第2組曲】

『ダフニスとクロエ』(Daphnis et Chloé)は、モーリス・ラヴェルが作曲したバレエ音楽および、それを基にした同名の管弦楽組曲。
バレエ音楽は、ロンゴスの『ダフニスとクロエ』をもとにした全3場から成る作品で、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)により1912年にパリのシャトレ座にて初演された。
エーゲ海に浮かぶレスボス島の牧歌的な情景を舞台に、少年と少女に芽生えた純真な恋とその成就が、恋敵との諍い・海賊の襲撃・都市国家間の戦争などの逸話を絡めて、抒情豊かに描かれている。

☆サン=サーンス【サムソンとデリラよりバッカナール】

『サムソンとデリラ』(Samson et Dalila )は、カミーユ・サン=サーンスが作曲した13曲のオペラのうち、代表作に挙げられる唯一の作品。3幕からなるオペラで、旧約聖書「士師記」第13章から第16章のサムソンの物語に基づく。

☆ヴェルディ【『運命の力』序曲】

『運命の力』(うんめいのちから、La Forza del Destino )は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラ。このオペラの有名な「序曲」は1869年の改訂時に補作されたもので、それまでの原典版ではもっと短い「前奏曲」が用いられていた。前奏曲の標準的な演奏時間は3分程度、それに対して序曲は7分を超える。
ヴェルディが改訂を行った1869年当時、すでにイタリア・オペラでは長大な序曲を演奏する習慣は廃れていたと言っても過言ではなく、実際ヴェルディにとってもこれが最後の序曲となった。現在ではこの序曲だけが単独で演奏される機会も多い。

☆レスピーギ【ローマの松】

☆レスピーギ【ローマの祭り】

1