1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「ひこにゃん」11年目で初めて見せた笑顔にみんなの反応が面白い

彦根城築城410年イベントで公開された「ひこにゃん」の新ポーズ。11年目での初笑顔に、「かわいい」や「闇を感じる」などいろいろな声が聞かれました。

更新日: 2017年03月19日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 69891 view
お気に入り追加

◆彦根城築城410年を祝した記念式典で、「ひこにゃん」の新ポーズが発表された

18日、彦根城築城410年を祝した記念式典が行われ、「ひこにゃん」の利用できるイラストについて、新たなポーズが発表された。

「国宝・彦根城築城410年祭」は、本日から12月10日(日)まで268日間にわたり、彦根城をはじめとする彦根の町の歴史、文化、伝統など彦根の魅力を全国・世界に発信するため、彦根城域および市内全域において開催します。

祭典の期間中、西の丸三重櫓で、仮想現実(VR)技術を使い築城や城下町の様子を再現した映像を紹介。城内の開国記念館でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の特別展などを開く。

◆彦根城は天守が完成した1607年築城を起点に410年となる

市などは、彦根城の天守が完成した1607(慶長12)年を築城の起点に、400年祭などを開いてきた。

天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。

イベントを通じて、新年度の城の入山客を90万人(2015年度82万人)に増やしたいとしている。

◆「ひこにゃん」は、築城400年を迎えた彦根城の記念イベントのイメージキャラクターとして誕生した

2007年に築城(開始)400年を迎えた彦根城の記念イベント「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクター

彦根藩2代目藩主井伊直孝公を手招きして雷雨から救ったという招き猫の伝承を元に、井伊家由来の赤備えの兜をかぶっている。

「国宝・彦根城築城400年祭」のキャンペーンやグッズ等で登場し、その「ゆるさ」が話題を呼んだ。近年の「ゆるキャラ」ブームの火付け役として知られている。

◆今回、11年ぶりに「ひこにゃん」が両手を挙げほほ笑むような新ポーズが追加された

両手を挙げ、ほほ笑むような表情。二〇〇六年に三つのポーズが披露されてから、十一年ぶりの追加となった。

市によると、示された10案の中から、「従来のイメージを損なわず、新しいファンも獲得できるような視点」(大久保貴市長)で庁内に設けた検討委員会で協議を重ね、決定したという。

現在の三つのイラストは目が笑っておらず、市の担当者は「新イラストは目が笑っているのが大きな特徴」と話す。

◆新ポーズには「かわいい」といった声が寄せられています♪

彦にゃん可愛いなぁ(*´∀`*)癒やされる(*´ω`) ひこにゃんに11年ぶりに新イラスト、笑顔で「万歳」ポーズ sankei.com/west/news/1703…

今日何回も言っててアレだけど ひこにゃんの万歳と笑顔可愛い

◆一方で、「初めて笑った」という表現に闇を抱えてるように感じた人も

ひこにゃん初めて笑ったって。どんだけ闇抱えてたんだよ

ひこにゃん 初めて笑った 聞き様によってはすごい闇を感じる

1 2





CloverSさん



  • 話題の動画をまとめよう