1. まとめトップ

視界に見える砂嵐とは? ビジュアルスノウ(雪視症)について

日常的に見える砂嵐に似た目の前のブツブツ…いったいこのブツブツの正体は?この症状、筆者にもあるんです。

更新日: 2018年06月27日

0 お気に入り 6399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hanatumuさん

視界に砂嵐が見えてる人がいる

目の前に見えるチカチカ、無数の小さなちり、砂嵐のようなもの…そんなものが視界に見えている人たちがいます。

私もその一人で、小さい頃からそんなものが見えていました。
一番古いと思われる記憶の中では、子供の私は一人で遊んでて、部屋の暗がりにいくと何かチカチカしたものが見えるのでふしぎに思って、ジブリ映画のトトロに出てくるまっくろくろすけに例えて遊んでいたことがありました。

今は、明るい部屋でも暗がりでも常に見えています。

もしかすると、暗闇での方がはっきり浮き出てきやすいから、それまで見えてることに気付かなかったのかもしれませんし、今より砂嵐が薄かったのかもしれません。

私はだいぶ大きくなるまで他人には見えてないことに気づきませんでした。

どんな風に見えるのか

常に視界はチカチカと砂嵐が見えています。砂嵐のフィルターを通してものを見てる状態といったらいいでしょうか…
暗闇にいても真っ暗ではなく、星のように何かがチカチカ蠢いているのが見えます。言い表すなら、やはり『砂嵐』でしょうか?
テレビで放送してないチャンネルに切り替えると出てくる砂嵐に似ています。

病気なの?

アメリカやヨーロッパでビジュアルスノウの研究は行われてるようです。

日本では認知度も低く、医師の診断を受けても的確な改善方法は見つからないのが現状のようです。

ビジュアルスノウの症状を引き起こす原因として、脳の一部である「舌状回・小脳前葉の一部(小脳片葉前部)」という部分が活発になりすぎてしまうことが理由として挙げられています。

小脳片葉前部といわれてもよくわかりませんが、やはり脳が関係してるようです。

脳の一部が通常よりも、活発になってしまっていることで
視覚にノイズが入ることが原因ではないかと言われているようです。
目の異常ではなく、視神経や脳の系統の方の、働きが
良くなりすぎている、という状態ですね。
ただ、はっきりとした確実なことまでは分かっておらず、
研究段階、という状態ですね。

治療法は確立されておらず、海外を中心に研究が進んでいるとのことです。

脳の働きがよくなりすぎてる!
ビジュアルスノウだったら天才的頭脳を持ってるとかだったらいいですけどね。

似ているようで違う症状たち

ビジュアルスノウに少し似ている症状があるのでそちらもご紹介します。

飛蚊症

閃輝暗点

参考リンク

まだまだ未解明な点も多いビジュアルスノウ。
今後も分かり次第こちらに情報を追加していきます。

1