1. まとめトップ

東急電鉄は2017年3月17日(金)、田園都市線に新型車両の2020系電車を導入すると発表した。2020年の東京オリンピック・パラリンピック、さらに2022年の東急電鉄創業100周年に向け、「田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすること」(東急電鉄)を目的に「2020系」と命名し、この車両を導入するという。
2018年春に30両(10両×3編成)が入り、以降、順次増備される計画。

「2020系」の車内を見ると・・・

車内には、空気清浄機を東急電鉄として初めて設置し、防犯カメラも設置。また大手私鉄では初のデジタルサイネージをドア上と連結部、座席上に配置する。座席はハイバック仕様を採用するという。

東急2020系のイメージCGも公開

では、どの車両が置き換えられていくのか・・・

東急田園都市線には、東急5000系の他、8500系、8590系、2000系が在籍している。

東急8500系電車は、1975年(昭和50年)に登場した東京急行電鉄の通勤形電車。田園都市線向けに順次導入された。田園都市線、大井町線で活躍し、2017年3月時点で、10両編成24本、5両編成4本在籍している。

1988年9月から1989年2月にかけて、将来のみなとみらい線との直通運転に備えた編成出力MT比増強に伴う組成変更によって登場した。その際、地下鉄乗り入れに必要な前面貫通式且つ、制御電動車としたデハ8590形 (M1c) とデハ8690形 (M2c) を各5両新製されている。当初は東横線に所属していたが、東急5050系導入に伴い、大井町線・田園都市線に転属した。大井町線に転属した車両については2013年までに撤退し、富山地方鉄道へ譲渡されている。2017年3月時点で、10両編成2本在籍している。

東急2000系は、田園都市線の輸送力増強のため、1992年から1993年にかけて10両編成3本が東急車輛製造で製造された。1986年に登場した9000系をベースに設計・製造している。

東急2020系導入による置き換え対象は、8500系、8590系、2000系と思われる。

しかし「2020系」について、2018年度は10両編成3本導入・・・

さらに、東急2000系の在籍本数と一致しているから、Twitterでは以下の憶測が呟かれている。

東急が2020系を3本導入 ↓ 2000系3本を6連化し、大井町線に転属 ↓ 大井町線の8500系置き換え(?)

実際2000系において、以下の転属の兆候が見られる。

このことから、東急2000系が先に田園都市線から撤退、大井町線に転属すると思われる。

2000系の大井町線に転属により、大井町線所属の8500系を置き換えることも予想される。
その後順次、東急8500系や8590系を置き換えると思われるが、具体的な処遇については不明である。

新型車両のデザインを見たネットの反応

東急2020系の側面帯が上にちょっとしか無くて味気ないという意見をいくつか拝見しましたけど、現行の東急8500系は原則帯すら無い件…

東急という会社はほっとくととんでもない車両作るから凄い 田園都市線2020系 pic.twitter.com/gozwXPJoQI

東急田園都市線に新型車2020系…東京2020に向け来春導入 response.jp/article/2017/0… STL新車ラッシュじゃないですかー! 新車好きとしては嬉しい限り。

東急の次世代新型車両2020系、お世辞以前にガチでカッコいいー 40000系と同等するレベルだなあ〜 2020年を迎えるにかけて この形式にしたのかな。 pic.twitter.com/Nzew2yyuy3

1 2





TOKIWAさん