1. まとめトップ

広島出身『元祖カープ女子』 グラドル 杉原杏璃 自伝映画に主演 株式トレーダーでも有名

株式トレーダーとしても活躍するタレント・杉原杏璃。自身のグラドルでの経験を綴った自伝的小説を本人主演で映画化した『…and LOVE』が、2017年公開。

更新日: 2017年03月19日

0 お気に入り 11093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jiye195623さん

プロフィール
別名義杉原 あんり(旧芸名)
生年月日1982年6月12日
出身地日本・広島県福山市
血液型A型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重157 cm / ― kg
スリーサイズ89 - 56 - 80 cm
カップサイズG
備考靴サイズ:23.5 cm
単位系換算[表示]
活動
デビュー2003年
ジャンルグラビアアイドル
他の活動タレント、女優
事務所フィットワン

1982年、広島県生まれ。グラビアクイーンとして、雑誌、バラエティ番組に多数出演。11年前から行っている株式投資が話題になり“株タレント”しても活動。趣味は株式投資と戦国漫画。“カープ女子”としても有名。自身のグラドルでの経験を綴った自伝的小説を本人主演で映画化した『…and LOVE』が、2017年3月18日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。小説でも描かれた男性たちとの関係も、本人が体当たりで演じる。

杉原杏璃「これからもグラビアには力をいれていきますよ」 引退説を完全否定

杉原は昨年12月のカレンダー発売イベントで2017年をメドにグラビア活動を一時中断することをにおわせ、引退説が浮上。だが本人はその意思はないといい、「これからもグラビアには力をいれていきますよ」と“現役”を宣言した。

グラビアアイドルとして活躍する杉原杏璃がグラビア界の裏側などを描いた自伝的小説を、自身の主演により映画化。グラビアアイドルとして成功をつかみとり、世の中の男性たちの注目を集めるようになったアンは、かつて心に刻んでいた「青い海のようなアイドルになりたい」という自身の思いを失っていることに気づく。男たちとの関係を重ねながらも、アイドルとして活躍をつづけるアンは、失ったものを取り戻そうとするが……。監督は「パーティは銭湯から始まる」の松田圭太。

グラビアアイドルの杉原杏璃(34)が週刊プレイボーイ14号で過去最高ともいえる渾身の限界セクシーを袋とじ8ページにわたって披露。

 自身の著書を映画化した『…and LOVE』で主演を務める杉原だが、いまだ衰えぬグラビアへのプロ意識と、見る者の妄想を補完してくれる仕上がりだ。

自伝映画「…and LOVE」で魅せた妖艶濡れ場!

映画では恋人との情事だけではなく、グラビア撮影現場の生々しいイジメの舞台裏なども描かれている。水着撮影の楽屋で杉原が純白の水着を手に取ると、

「ずうずうしいわね。こっちがお似合いよ」

 と、先輩グラドルが勝手に選んだ地味な色の水着を着させられてしまう。また、「PPAP」が世界的な大反響を呼んだピコ太郎の“プロデューサー”こと古坂大魔王が下心見え見えのプロデューサー役で出演。ホテルのバーで杉原にボディタッチし、そのまま客室へと誘いをかける“枕営業”の実態を明かしているのだ。

「大金持ちと結婚しても、投資はやめない」

オリンピック招致が決まったときには、株価が一本調子に上昇して“神って”いたそう。

「何を売買しようが、プラスでしかなくて、入れ食い状態でした(笑)。ひとつの銘柄だけで2、3日でプラス数百万円とか。総額で家が買えるくらいになりました。あの時は、日経225の株がガンと伸びたそうで、私もトヨタ株は2年間ほど塩漬け(※2)にしていたのですが、一気に上がったので慌てて売りました。こういった日経平均に左右される大型株は、日本が盛り上がるときは高値になるので、1個は持っておくといいかもしれませんね」
※2:買値よりも株価が下落した、売るに売れない状態

杉原の初主演作に期待を寄せる芸能評論家の織田祐二氏がエールを送る。

「次に出るイメージビデオがラストDVDだと言われていますが、この初主演映画が女優としての飛躍の一本になる。週刊誌のグラビアではいつもギリギリまで攻めることで評判なので、ついつい“ポロリ”を期待してしまいます」

 広島カープファンを公言し、“最胸カープ女子”としてもおなじみの杉原。グラドルから女優へ、セクシーに羽ばたく杉原の転身に「神ってる」と賛辞を送りたい。

1