1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

櫻井翔「ラプラスの魔女」映画主演…ネットからは早くも期待の声

人気作家・東野圭吾氏原作の映画「ラプラスの魔女」が嵐の櫻井翔さんが主演することが発表され話題に…見どころや今後が気になります。ネットからは早くも期待の声が

更新日: 2017年03月20日

46 お気に入り 89110 view
お気に入り追加

櫻井翔が大学教授に!映画単独主演「ラプラスの魔女」が話題

嵐 櫻井翔 4年ぶり単独主演! 東野圭吾氏30周年小説『ラプラスの魔女』来年映画化! 初共演!すずと福士と! 監督は三池氏!「化学反応起こす」 pic.twitter.com/rA29x7qZ3v

原作は28万部を突破した人気作家、東野氏の「ラプラスの魔女」

映像化の権利を巡っては12社が殺到する中から東宝が獲得した。

理系出身の作者ならではの科学知識を活(い)かしつつ、不可解な事件をめぐるSFミステリとして、サスペンスたっぷりに描いている。

彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。

フランスの実在の天才数学者、ピエール=シモン・ラプラスの言葉に

「ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するなら、その知性には未来が全て見えているはずである」という

その言葉が意味する神にも等しい存在のことを、のちの学者が「ラプラスの悪魔」と呼んだ。

東野圭吾さんの『ラプラスの魔女』を呼んでみた。東野さん自身が自分の小説を壊してみたかったというこの小説。 感想はやっぱり東野さん❗面白いよそんな事があるのか?って思う所はあるけど、ついつい夢中になってました pic.twitter.com/LRdMtvIAbr

東野圭吾の「ラプラスの魔女」を読破。凄く満足のいく作品でしたのでオススメ。感想としては、現代の社会問題を全てぶっこんできたな。グーグルの人工知能Deep Dreamが実在するので、円華に施した手術が非現実的とは、おもえない。

櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、3人の役どころは?

「監督、共演の皆さまとの“大きな化学反応”を現場で起こして行きたい」と意気込んでいる。

青江は自然科学的見地から事件性を否定し、事件現場の地形や気象などを検証していく。そこに、次に起こる自然現象を言い当てる謎の女性・円華(すず)が現れる。

1日圏外の場所に。 クランクインでした。 やっと、電波きた。 チアダンの感想もたくさん送ってきてくれて、ありがとうございます。 チアダンの公式Twitterにね 感想投稿するやつのURLがあるの。 わたしそれ結構みてるの。 1人でにやにやしてるの。 本当に嬉しいの。ありがとう。

3度目の三池組参加となる福士は、「櫻井さんは知的なイメージなので、研究者である青江のキャラクターがスッと頭に入ってきました。

この嵐の櫻井翔さんが主役の映画「ラプラスの魔女」ネットでも話題

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。