1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

現場はもうパンク寸前・・・運送業をテーマにした小説まとめ

今や日常生活に欠かせないネットショッピングですが、その一方で運送業はパンク状態に。(ドッグファイト、空飛ぶタイヤ、暗礁、こちら、郵政省特別配達課、小説ヤマト運輸)

更新日: 2017年03月23日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
78 お気に入り 41149 view
お気に入り追加

★『ドッグファイト』 楡修平

物流の雄、コンゴウ陸送の郡司は、入社18年目にして営業部へ異動した。担当となったネット通販大手スイフトの合理的すぎる企業姿勢に反抗心を抱いた郡司は、打倒スイフトへと動き出す。

本日入荷の楡周平作 「ドッグファイト」は非常にオススメの一冊。世界的通販企業(まるでアマ〇ンw)に対する国内流通大手の反攻の物語です。運送業、宅配業者さんへの負担増が周知され始めている昨今、かくあれかしとの期待を込めずにはいられない快作です。

楡周平さん「ドッグファイト」角川書店読了。冒頭の上司と出張帰りの飛行機でのシーン。あるあるから始まる。大手物流運送会社と世界的ネット通販いわゆるあそことの戦い。ぼこぼこにやられていた。異動でその担当になったエリート郡司は日本流の驚く案をやる。日本の今未来に不安をもつあなたに是非!

ドッグファイト 楡周平 アメリカ大手通販会社の値下げ攻勢に立ち向かう運送会社 成長企業と斜陽企業のわかりやすい図式でテンポを作り超高齢化で縮小していく市場の中で新たなビジネスモデルを提示することで味わいを作った良作 pic.twitter.com/nj4c5QZJnZ

★『空飛ぶタイヤ』 池井戸潤

走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。原因は「整備不良」なのか、それとも……。「容疑者」と目された運送会社の社長が、事故の真相に迫る。

池井戸潤の空飛ぶタイヤ 上巻読了 2004年に起きたM自動車の大型トレーラータイヤ脱落による死亡事故に端を発するリコール隠し事件をベースにしたフィクションだけど、かなり面白い。

本当に空飛ぶタイヤはいい話だった。 中小企業の信念と、大企業の世間的な立場がぶつかり合う熱い話だった。

「空飛ぶタイヤ」読了。800ページを超えるボリューㄙで読み応えがあった。あまりの面白さに一気に読み終わった。池井戸潤作品の中でNo.1の気がする。

★『暗礁』 黒川 博行

建設コンサルタントの二宮啓之を、三たび誑しこんだヤクザの桑原保彦。次なる獲物は数十億円に及ぶ大手運送会社の闇のマル暴対策費。そのシノギは追いつ追われつの壮絶な裏金争奪戦となった…

黒川博行 『暗礁』 読了。 疫病神シリーズ第3作。 今回は運送会社と警察の癒着に端を発した、騙し合いと追走劇。 相変わらず素晴らしいスピード感と軽妙さ。 スリルでは『国境』や『悪果』が勝るが、桑原・二宮のコンビネーションに磨きがかかっていて痛快。 やっぱ黒川さんはおもろいわ。

黒川博行「暗礁」読了。 面白い!建設コンサルタント二宮とおしゃれやくざ桑原のコンビが関西を舞台に大活躍。今作は沖縄にも出張。二人のやりとりはほんま笑えるのう。押し出しの強い桑原にやられっぱなしの二宮だけど、ここぞというときの二枚舌で危機を乗り切る所はさすがやくざ相手の商売人や。

黒川博行『暗礁』読了。東京佐川急便事件にインスパイアされたようなストーリーで無駄に佐川急便に詳しくなること必至。『国境』と『螻蛄』の中間というような出来で社会派でありながらも軽快、クスッと笑わせるセリフ回しが絶妙。かなりの長編ながらあっという間に読めるスピード感。かなりおもしろい

★『こちら、郵政省特別配達課』 小川 一水、平沢下戸

いつでも何処へでも、あなたの荷物を届けます。東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署だった。

あとはシリーズもので好きなのは「こちら、郵政省特別配達課」 はちゃめちゃなヒロインに振り回される主人公がとても可哀想だけど面白い

最近読んだ本。小川一水「こちら、郵政省特別配達課」新装文庫版?なのかな。ラノベっぽいがSF作家らしく交通や配達に関する豆知識が面白い。あと第1話がすごくパトレイバー。

オススメ娯楽枠「こちら、郵政省特別配達課!」…遠い、あるいは近い未来に実現していたかもしれない郵便SF。家一軒を丸ごと配達?!とか、そういうトンデモを真剣にやらかす郵政省さんたちのお話。あと京都舞台のお話がちょっとあるよ!

★『小説ヤマト運輸』 高杉良

今日送った荷物が、全国どこにでも、すぐに届く。宅急便。わたし達が享受する“当たり前のサービス"開発の裏には、壮絶な戦いがあった。

「小説ヤマト運輸」高杉良 読了。見ない日はないヤマトのトラックが、違う目線で見えそう。こんなにも、挑戦的な会社だったんだ、ヤマトって。感動。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。