1. まとめトップ

あまりにも人が良すぎることで有名の「みやぞん」!その誠実で優しすぎる行動とは?

人気番組『世界の果てまでイッテQ!』や『とんねるずのみなさんのおかげでした』への出演で「規格外の天然キャラ」「人柄が良過ぎる」と一躍有名になったみやぞん。その規格外と言えるほどの人が良すぎるエピソードとは?

更新日: 2017年05月23日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3954 view
お気に入り追加

■みやぞん「謎すぎる行動」隠しカメラで発覚!

5月17日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に、ANZEN漫才のみやぞん(32)とあらぽん(31)が出演。みやぞんの不思議な素顔が明かされ、バカリズム(41)、劇団ひとり(40)らが爆笑してしまう場面が見られた。

この番組はゲストに「良かれと思って」さまざまな“おせっかい”をするバラエティ番組で、今回は大ブレイク中のみやぞんの魅力を探ることに。番組冒頭で睡眠時間を聞かれると、みやぞんは「2、3時間が当たり前」だと答えたのに対し、あらぽんは「6、7時間」と答えて、二人の忙しさに格差があることが明かされた。

 その後、バカリズムがパネルを使って、二人のこれまでを紹介。二人は保育園からの幼なじみで、中学3年の終わりぐらいにあらぽんが「お笑いをやらないか」と誘ったところ、みやぞんは「イイヨ、イイヨ」と乗ってきたのだという。フリーで活動した後、24歳で正式にコンビ結成。2013年に『足立区の歌』で“足立区CMグランプリユーモア賞”を受賞したことが紹介されると、二人は地元の自虐ネタが満載の『足立区の歌』を披露。劇団ひとりは笑いながら、「面白いけどよ、すげえ足立区をディスってる」とツッコミを入れていた。

二人のプロフィール紹介のコーナーでは、特技がモノマネだというあらぽんが、“細かいモノマネ”として、乗用車とタクシーのウィンカー音の微妙な違いをモノマネで披露。あらぽんはタクシーに乗っているときに練習すると、運転手が勘違いしてしまうと語った。その他にもひょうたん作りが趣味と紹介され、その苦労や喜びをあらぽんが語ると出演者たちは爆笑し、バカリズムも「今日、あらぽん特集でいいんじゃない?」と絶賛していた。

 一方、みやぞんは野球とボクシングが得意で、野球は「エースで4番で遠投100メートル」、ボクシングは「パンチ力は268キロ以上(一般男性は約150キロ)」なうえ、中学生時代にテニスで足立区2位になったことがあるほど運動能力が高いと紹介され、出演者たちを驚かせた。そして、そのパンチ力を実証するため、ハライチの澤部佑(31)の腹部に重いパンチを食らわせ、「マジ、きつい」と悶絶させていた。

 続いては楽屋に隠しカメラを仕掛けて探った、みやぞんの新たな天然エピソードがVTRで紹介された。

みやぞんはスタッフとの打ち合わせで、ゲスト出演するラジオ番組が新番組にもかかわらず、「ブレイク前のバイト中に聞いていた」など適当な受け答えで間違いを連発。また、楽屋で一人になると、愛用のギターに「よく頑張ってるね」「いいぞ、いい子だ」と感謝の気持ちを伝え、さらに弁当の鮭に向かって「ありがとう」と感謝するなど不可思議な行動を連発して、スタジオの爆笑を誘っていた。

「ブレイク後、みやぞんはあちこちの番組に引っ張りだこですが、相方のあらぽんは、今でもたまに中華料理店でバイトをしていることを番組で話していました。しかし、コンビ芸人は片方がブレイクした後に、“じゃないほう”に注目が集まることがあります。今はみやぞんの人気がバブル状態になっていますが、マニアックなモノマネなどネタはありますし、いずれあらぽんにも注目が集まる可能性はあるでしょうね」(お笑いライター)――どこまで伸びるか、若手芸人の活躍に注目!

■ANZEN漫才みやぞんが「with B」とコラボ 投稿写真にファンから反響

お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(32歳)が5月14日、自身のInstagramで、“ミヤゾンちえみ With B”の写真を披露。ファンの反響を呼んでいる。

今年大ブレイクしたブルゾンちえみ with B。そこから派生した“ブルゾンちえみ with ○○”や、その逆の“○○ with B”といった、芸人仲間や番組共演者とのショットはしばしばSNSを賑わせているが、今回はこちらも今年大ブレイク組の一人、みやぞんをセンターにした“ミヤゾンちえみ With B”のショットだ。

これにファンからは「ミヤゾンちえみって違和感ないw」「みやぞんのドヤ顔っぽさが素敵」「みやぞん、決まってる!カッケー」「『ちえみ』の要素ないwww」「ちえみちゃうよ」「ちえみ、いる?(笑)」などの声が続々と寄せられている。

■みやぞんの身体能力はやはり凄かった! 「ソフトテニスで足立区2位でした」

現在人気急上昇中のお笑い芸人みやぞん(ANZEN漫才)が25日、都内で開催された商品PRイベントに出席した。この日、32歳の誕生日を迎えたみやぞんは、エアギターパフォーマンスなどでイベントを盛り上げ、「こんな最高な誕生日ないです」と細い目をさらに細めて喜びを爆発させた。

イベントで司会者が「実は今日4月25日はみやぞんさんのお誕生日です」と告げると、DJ KOOが「ハッピーバースデー! イエーイ!」と祝福し、会場からも拍手が起こった。32歳の抱負を聞かれ「今日よりも幸せに、明日よりも幸せに。自分の機嫌を自分でとって、そして楽しく明るく生きていきたいと思います!」と答えたみやぞん。そして今回限りのスペシャルユニットとしてDJ KOOとパフォーマンスすることに。アコースティックギターで1曲披露した後、『メッツ』の曲に合わせて、みやぞんがアコースティックギターを抱えて、飛んだりのけぞったりしながらアクロバティックなエアギターを披露、そこにDJ KOOが加わった。

中尾彬はこれに「迷惑な芸でしたね。もう二度とできないでしょう」と辛口コメント。それでも「中尾さんのファンになりました」と言うみやぞんとDJ KOOに中尾は「迷惑だよ」と渋い声で返した。

みやぞんのことを「知らない」という中尾に、レポーターが「身体能力がすごいんです」と説明すると、学生時代に体育・美術・音楽が得意だったというみやぞんは「野球もやってました。ソフトテニスでは足立区2位です」と伝えた。みやぞんを一躍人気者にした『世界の果てまでイッテQ!』のコーナー「世界の果てまでイッタっきり」でもその身体能力の高さは実証済みだ。「そうなの? すげぇ!」とDJ KOOも驚き、中尾も「2位!」と感心したようだった。みやぞんは「テニス、キャプテンだったんです。野球で使う右肩をかばって左手で(テニスを)やっていたけど、勝てないんで頭に来て、右に替えたら足立区2位になったんです」と妙な勝因を明かした。

改めてDJ KOOがラップ調に「誕生日おめでとう! 32歳!」と祝福し、中尾も「おめでとう」と言葉をかけると、「こんな大御所の方に祝ってもらえる、こんな最高な誕生日ないです! ありがとうございます」と目を細めたまさに満面の笑みを見せた。時間に追われるように降壇したみやぞんは「今日は夜中まで全部仕事です。プライベートは本当にないんです」と売れっ子ぶり実感しているようだった。

■ANZEN漫才CDデビュー!みやぞん“上から目線”紅白出場宣言

お笑いコンビ「ANZEN漫才」がCDデビューすることになり17日、都内で記念イベントを行った。日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」でブレーク中のみやぞん(31)は、この日も規格外の天然キャラが全開。NHK紅白歌合戦への意欲を聞かれると「スケジュールが空いていたら出たい」と、上から目線の出場宣言が飛び出した。

 デビュー曲「かならず選挙に行く」(あす19日発売)にちなみ、選挙カーに乗って相方のあらぽん(31)と登場した。白いスーツに、お決まりのリーゼントヘア。選挙カーの上にのぼって「初めてCDデビューします。お子さんから子供さんまで聴いてください」と呼びかけ、聴衆を笑わせた。

笑いの神が舞い降りたのか、歌唱中は爆笑ハプニングの連続。サビで突然音量が大きくなって歌声がかき消され、一から歌い直すと、今度は雑音が入り交じって歌えなくなった。「これがライブのだいご味」とポジティブだったが、再び仕切り直すと、次は歌入りの曲が流れ、苦笑しながら口パクで対応した。

 みやぞんは昨年8月に「…イッテQ!」に初出演。海外での体当たりロケで見せる天然キャラと、物おじしない強心臓ぶりがお茶の間で人気だ。小学校の文集に「CDデビューしたい」と書いていたといい、待望のデビューに「夢のようです」と感激した。

 取材陣に「紅白に出たい?」と聞かれると「出たいですー。あとはスケジュールの問題。空いていたら出たいです」と回答。あらぽんに「紅白だぞ。なんでそんなに上から目線?」と指摘され、「もう一回いいですか?」と仕切り直し。「空いていますっ」と断言して笑わせた。

■憧れはキャイ~ンのウドちゃん、「ロンハー」ブレイク芸人の“いい人”ぶりが凄い

3月17日に放送されたバラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、ブレイク中のANZEN漫才・みやぞんの人柄に賞賛の声と心配の声が上がっている。

この日の番組では「隠し撮りで検証!!いい人グランプリ」と題し、みやぞん、DJ KOO、ELT・伊藤一朗と“いい人イメージ”が強い3人にドッキリをかけ、検証する企画を放送。なかでも“いい人”レベルが群を抜いていたのが、みやぞんだ。

 飲食店でファンからのサイン攻めにあい、快くさまざまなアイテムにサインしていたのだが、中にはカップルから婚姻届の証人欄にサインしてという無理なお願いにもあっさり承諾。しかも、後日行われたその偽カップルの両家の食事会にも参加するという驚異のサービス精神を見せつけた。また、相方のあらぽんからの証言で、たばこのポイ捨てを見たときのエピソードまで披露された。

「ポイ捨てを見て居ても立っても居られなかったみやぞんは、その捨てられたたばこを拾い、自身が持っていた携帯灰皿に捨てようとしたタイミングで警官に見つかり、路上喫煙と勘違いされ、罰金を請求されるという経験があったことがあかされました。みやぞんは文句ひとつ言わずに罰金を支払ったとのことだが、さすがに人が好すぎる。みやぞんの場合はどんなシチュエーションでも声のトーンが明るく、笑顔で対応していたため、とにかく接しやすそうですからいい人オーラが滲み出ている。そりゃ、バラエティに引っ張りだこになるはずです」(エンタメ誌ライター)

 ネット上でも「実際に会ってみたい」「(キャイ~ン)ウドちゃんの後継者だな」「いい人すぎて詐欺にあわないか心配」「簡単に連帯保証人になりそう」など、あまりの優しすぎる人柄に妙な心配をする声も上がるほどだった。

 実際、同系統の芸風であるキャイ~ンのウド鈴木に憧れているというみやぞんだが、すでにいろいろな面で、その次元を超えているようだ。

■ANZEN漫才みやぞん、憧れの少林寺で修行「イッテQ!」

3月19日(日)に放送される「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)内のコーナー「世界の果てまでイッタっきり」にて、ANZEN漫才みやぞんが中国でのロケに臨む。

カンフー映画「スパルタンX」に影響を受けたフレーズを番組内で時折発してきたみやぞん。今回は憧れの少林寺での修行に挑む。彼がマスターすることになったのは、水の上に張られた板を渡る奥義「水上漂」。みやぞんの類稀なる運動神経に期待しよう。

■みやぞん「金魚に人工呼吸」天然キャラに後藤輝基も絶句

3月13日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、ANZEN漫才のみやぞん(31)が出演。優しすぎるエピソードが紹介され、フットボールアワーの後藤輝基(42)、おぎやはぎの小木博明(45)らを驚かせる場面が見られた。

今回は“男女の結婚観”がテーマで、結婚相手に関するイメージ調査では、20~30代の女性が結婚相手に求める条件は“優しい”が88.1%で1位という結果に。そこで、芸能界一優しい男としてみやぞんが紹介され、一般人100人に実施したアンケート結果を予想し、世間のイメージと向き合うことになった。

 まず、みやぞんが「芸能界一優しい」という噂が本当なのか、身辺調査を行うことに。VTRで所属事務所の先輩芸人、どぶろっくの森慎太郎(38)が、「たまに飲んだりするが、ずっと飲んでいる間もツイッターで返信をして、ファンサービスをしている」と、昔から変わらずいいやつだとコメント。そして同じくどぶろっくの江口直人(38)は、「とんでもないキス魔で、先輩として注意したら、口をキスでふさがれた」と暴露し、みやぞんの意外な素顔を明かしていた。

続いてみやぞんの地元、東京都足立区へ行き、みやぞんの学生時代を知る同級生たちに話を聞いたところ、「自分がフラれたとき、励ますために歌を作ってくれた」「動物にも優しい」など、みやぞんが「芸能界一優しい」ことを証明するエピソードが続出。さらにみやぞんの母親が登場し、小学生時代に「飼っていた金魚が死んでしまったとき、必死に人工呼吸をして生き返らせた」という、驚くべきエピソードが語られた。

 VTRの終了後、スタジオで「めったに怒らない」とみやぞんがコメントすると、これに小木が「我慢するんじゃなくて?」と質問。するとみやぞんは「犬を飼っていて、(自分が大好きな)タコの刺身を食べてしまったけど、そのときはイラッとしましたよ」と、数少ない怒ったエピソードを明かし、後藤を「それくらい!?」と驚かせていた。これに対しみやぞんは、「いいじゃないですか、みんな一生懸命生きてるんだから」と平然と答え、スタジオの笑いを誘っていた。

その後、みやぞんは「20代から30代女性100人に聞いた芸能界一優しい男は結婚相手としてアリ? ナシ?」というアンケートに挑戦。アリが過半数に満たないと失格となるのだが、結果は34人でアウト。みやぞんは罰としてスタジオの床下に落とされたが、後藤から「100人中34人がアリは、多いと思うわ」とフォローされていた。

「ANZEN漫才は昨年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演し、ネット上で“ブレイク大本命”と話題になっていました。特にみやぞんは伊集院光(49)から“果てしないバカ”“おもしろ脳”と絶賛されており、予想をはるかに上回る天然キャラで話題を呼んでいます。今、最も注目すべき芸人でしょうね」(お笑いライター)――規格外の天然キャラに注目!?

■ダウンタウン・松本人志 ANZEN漫才・みやぞんの奇想天外ぶりに「狂犬」

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど