1. まとめトップ

FBIもついに捜査か!?【ロシアによる米大統領選の選挙操作】とは?

ついにFBIも操作に!!トランプ氏とロシアによる共謀とは??

更新日: 2017年03月27日

Thaigodspeedさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3714 view
お気に入り追加

・トランプ氏はロシアのサイバー攻撃により当選した??

米情報当局は、昨年にロシアが民主党全国委員会(DNC)に対してサイバー攻撃を行ったと公に非難し、目的は大統領選でトランプ氏を勝利させることだったとしている。

米大統領選の選挙期間中にロシア政府の工作員がドナルド・トランプ次期大統領の陣営アドバイザーや同氏の企業の従業員と一緒に広く陰謀に関与したとされる問題で、米情報当局と連邦捜査局(FBI)が数カ月間、欧米のある元情報機関員が収集した情報に基づくその主張の裏付けを試みていることが複数の関係者の話で分かった。

・大統領選ラスト3か月はロシアによる情報操作で米全土に実報を超える虚報が拡散されていた!!!

米大統領選のラスト3カ月で虚報が実報より拡散されてたっていう、例のBuzzFeedのチャート(トップ画像)。一体だれがこんな嘘八百ばら撒いたんだ!?と思ったら、ロシアのボット、トロールファーム、サイト、SNS、マスコミが五味一体となって、日夜バズーカ砲のように米大陸に虚報を拡散していたようです。

「ロシアの論点を米国民に拡散するサイト200件を特定した」と発表しています。その読者は計1500万人、閲覧回数は2億1300万回にもおよんだとのことです。

中でも影響が大きかったのが、クリントンが重病というニュースで、これを真っ先に広めたのもロシアでした。あとでThe Daily Beastが嘘報道だと伝えました

外交政策研究所Clint Watts上級研究員ら3人のチームですが、ここはネット解析ツールで、ツイートを大元のソースまで遡り、拡散マシンのSNSアカウント同士の相関関係をマッピングしてみました。すると…

・別々に見えるサイトも、所有者はおんなじだった。
・別々に見えるサイトやSNSアカウントも、一字一句違わない言い回しや文章をものすごい勢いで拡散していた(同一の組織の管理と思われる)。

…という妙な現象が確認されたのです。

・そもそもトランプ氏はロシアに弱みを握られている??疑惑文書とは??

<ロシアは本当にトランプを脅迫できるネタを持っているのか。問題の文書を書いたのは、ロシアでの情報活動の経験もあるイギリスの元情報部員だった>

35ページに及ぶこの文書には、トランプがロシアの売春婦と「不名誉」な行為に及んだことや、ロシアの政府関係者がトランプの弱みを握るために金儲けになる取引の体裁を装って賄賂を持ちかけたこと、またトランプ陣営とロシアの情報機関の間の緊密な関係などが、まだ事実とは確認されていないが、書かれている。

また文書には、大統領就任後のトランプに不利益となるような情報をロシア側が収集していたとも書かれている。文書はロシアの銀行名の綴りなどに明らかな間違いがあったものの、米情報機関は十分に「重要」と判断し、文書の内容を2ページに要約してオバマ大統領とトランプに伝えた(米情報機関はトランプに対し、文書が連邦議員や政府機関、情報機関の職員やジャーナリストの間で数カ月前から出回っていると警告した。

・トランプ氏「魔女狩りだ!」と猛反発

調査文書に対して、トランプ氏はTwitterで「フェイク(虚偽)ニュース。政治的な魔女狩りそのものだ!」と猛反発した。
トランプ氏の側近ケリーアン・コンウェイ氏も、米テレビ局とのインタビューで、疑惑は「何も確認が取れていない」と否定した。また、コンウェイ氏はトランプ氏がこの調査文書に関して、CNNが報じたような報告を受けた事実は「把握していない」と述べた。

・ロシアのハッカー集団 【熊 BAER】による選挙操作とは?

この熊が米大統領選介入を陰に日向に行なっていた確証がいよいよ強まり、オバマ大統領が中央情報局(CIA)、米国家安全保障局(NSA)などに徹底調査を行なうよう命じました。

民主党全国委員会の数千件のメール(クリントン陣営の選対部長のメールを含む)をWikiLeaksに公表した攻撃者を諜報諸機関が特定したところ、ロシア政府とつながりのある集団とわかったと複数の米政府高官は語っている。米国のインテリジェンス・コミュニティーと対ロシア関係者の間では、トランプを優位にし、クリントンにダメージを与える工作員との見方が広まっている。

「ロシアの狙いは一方の候補に肩入れし、トランプを当選に導くことだったというのが、インテリジェンス・コミュニティーの一致した見解だ」(政府高官)

(中略)CIAは先週(12月第1週)、主な上院議員を極秘に集めて分析結果を報告した。証拠はさまざまな筋から集まっており、トランプ当選がロシアの狙いだったということは「かなり明白だ」ということだ。

・オバマ大統領は国民に公表できなかった!?

撃には厳戒態勢で臨むということで民主党上層部は全会一致だったが、共和党上層部は意見が割れ、ホワイトハウスの要請を拒む議員も最低2名いた。

ミッチ・マコーネル上院共和党議員に至っては、証拠の情報に疑問を投げかけ、ホワイトハウスが公にロシアを非難する行為それ自体を自分は党利党略行為と受け止める、と政府に言う始末だった(政府高官複数の談話)。

大統領選の終盤でこのような爆弾情報を投下したら、国民の信用が揺らぎ、それこそモスクワの思うつぼだ、と主張する共和党議員も何人かいた。

・そのような証拠はない??

AFP=時事】昨年の米大統領選期間中にドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の陣営がロシアと共謀したとの疑いが浮上している問題について、米下院情報特別委員会(Permanent Select Committee on Intelligence)の委員長は19日、現時点でそのような証拠はないと明言した。

・FBIが捜査中

コミー長官はトランプ大統領の陣営とロシアが連携していた疑惑を含め、FBIが問題を捜査していることを明らかにした。

1 2





Thaigodspeedさん

アウトドア関連や旅行関連のネタ、やマニアックなネタをまとめていきます。

このまとめに参加する