東フィンランド大学の脳神経学者、アンナ・マイヤ・トルパネン博士率いる研究チームが平均年齢71歳の1449人を対象に、世間や他人に対する皮肉・批判度を測る質問をして、同時に認知症のテストしてみた。

 質問の内容は、「出世するためにみな嘘をついている」「人は信用できない」「人は自分の利益になることにしか積極的に動かない。」などだ。

出典人をけなしたり批判するのが好きな「皮肉屋」は脳に損傷をうけ認知症になるリスク(フィンランド研究) : カラパイア

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

相手に嫌われるだけではなく病気にも?「皮肉屋」がなりやすい病気とは?

良い話や和気あいあいのなかでも水を差すように嫌味や軽蔑した発言をする皮肉屋。場の空気を乱し、自分の立場を悪くさせるわけですが、そんな嫌われることばかり言うと認知症のリスクが高まるようです。結局は合いr手だけではなく自分自身をも傷つけるようです。

このまとめを見る