1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

色々な意味で気を付けたい…ネットでの「人権侵害」が過去最多

インターネットでの人権侵害が過去最多となっています。ちょっとした書き込みが「する側」「される側」になることがあるので気を付けなければなりません。

更新日: 2017年03月21日

80 お気に入り 208660 view
お気に入り追加

■ネット上での人権侵害が過去最多

2016年のインターネット上での人権侵犯事件数が前年比10.0%増の1909件に上り、01年の調査開始以来最多だったことが分かった

法務省は18日、プライバシー侵害などインターネット上の人権侵害に対し、全国の法務局が2015年に1736件の救済手続きを始めたと発表した

このうち元交際相手に名前や住所、写真を流出させられるといったインターネット上での人権侵害は、10年前の7倍近くにあたるおよそ1900件に上り、過去最も多かった

法務省は、被害者に、プロバイダーに対して画像の削除を依頼する方法を教えたり、直接、プロバイダーに削除を要請したりしている

法務省のホームページで行っている人権相談で、インターネット上の問題について新たに個別の項目を設けるなどして対応しています。

「スマートフォンの普及などにより、インターネットの匿名性や情報発信の容易さを悪用した人権問題が青少年を中心に発生している」

もっと厳しく取り締まってほしいな ネット上の人権侵害、16年は過去最多 中傷など相次ぐ(ITmedia ビジネスオンライン) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-…

どんなに素晴らしいものにも、必ず何かしらのリスクが潜んでいる。双刃の剣みたいなもんだね。。 ネット上の人権侵害、16年は過去最多 中傷など相次ぐ(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-… #Yahooニュース

ネット上の人権侵害、16年は過去最多 中傷など相次ぐ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-… ネットは残るからな 酒飲んで同僚に上司の愚痴とか悪口とか陰で悪く言うのは残らないしな 不倫や犯罪とか世間的に悪い事なら批判はでるだろうけど うざいとかで中傷は駄目だわな

■どのような書き込みが人権侵害に当たるのか

1)名誉毀損問題、2)プライバシーの侵害、3)性に関する有害表現、4)差別表現 等

無断でブログに掲載された脱衣所での着替え画像や、在日朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)の動画を削除するよう求めたケースがあった。

特定の個人について、根拠のないうわさや悪口を書き込むなどして、その人の社会的評価を低下させるといった名誉毀損に関する事柄と、個人情報や私生活の事実にかかわる内容などを本人に無断で掲載する

これらが全体の9割を占めているようです。

■「軽い気持ちで書きこんでしまう」ことが増えている要因

インターネットでは、自分の名前や顔を簡単には知られることなく発言することができます。

インターネットの普及に伴い、その匿名性、情報発信の容易さから、個人の名誉を侵害したり、差別を助長する表現や有害な情報の掲載など、人権にかかわるさまざまな問題が発生しています

勿論、中には誰かが言わなければいけない批判や指摘を、匿名だからこそ伝え易いという面もあります。

その正義感が発現をヒートアップさせてしまうことがあるので注意が必要です。

相手が特定できないため、民事的解決手段を使うことができません。また、このことを利用した悪意のある発信者が増大する可能性があります。

Facebookなどの個人が容易に特定できるようなものでは清廉潔白なものが目立つし、仲良しこよしのやり取りばかりだ。

しかし、2ちゃんねるなんかでは匿名であることを良いことに、日がな誹謗中傷合戦が繰り広げられている。ツイッターも匿名でやる人が多いのでときに似たような感じになる

■書き込みによって苦しんでいる人が多数いることを分かって欲しい

インターネット上で犯罪被害者に対する誹謗(ひぼう)中傷がやまない。短絡的な思い込みや事実誤認による一方的な投稿は、被害者や遺族を二重に苦しめている。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する