1. まとめトップ

【悲報】オタク用語「バブみ」の意味が間違って浸透している!?

オタク達の間で細々と使われていた用語「バブみ」の用法が間違えて使われていると話題になっています。はたしてその本当の意味とは?

更新日: 2019年02月28日

5 お気に入り 235532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

smashertrendさん

最近、女性オタクの間で「バブみ」がブームになっている

テレビでオタク女子特集されててクソワロwwwwwwwww 沼も同担拒否も痛バもバブみも尊い無理しんどいも全部わかるwwwwww つらいwwwwww pic.twitter.com/n0dmD9KNGM

「バブみ」が腐女子のものになって悲しい… pic.twitter.com/iDiW20buvi

「好きなキャラクターを自分の子供のようにかわいがる」というのがポイントのようです。

これらの用法に異議を唱えるネット民が続出

なんか壁ドンに続いてバブみまで違う意味で報道されだしたのかー。ネットスラングはネット以外のとこで流行って欲しくないんだがなぁ...

そもそもの「バブみ」とは?

世話焼きだったり、包容力や庇護力があるなど、年下でありながら母性を見出せる相手に対して「バブみがある」、それを強く感じる場合には「バブみが高い」などのように用いる。

悪化すると実際に幼児退行して甘えることまで求め、「バブみを感じてオギャりたい」などと言い始める。

近年になり、年下のアニメキャラや声優に「母性」を求める声が高まってきた。
それまで年上の女性に対してしか抱かれないと思われてきた「母親になってほしい」「産まれたい」「育てられたい」
それらの感情を年下の女の子に対して抱く彼らは、自らの感情をこう表現するようになった。
「バブみがある」 と……

年上、あるいはそういった雰囲気がある女性に萌えるのは単なる「姉萌え」か「マザコン」なので混同しないように。

赤い彗星もバブみを感じている

ララァ・スンは私の母になってくれたかもしれない女性だ!

byシャア・アズナブル

ちなみにララァはシャアの3歳年下である・・・

シャアの「ララァ=スンは私の母になってくれるかも知れなかった女性だ」を「ララァ=スンはバブみある」で表現してしまえる現代言語の洗練っぷり

結論:バブみは「自分は子ども、キャラが母親」

バブみは母性を感じることであって母性が芽生えることじゃないぞ

意味合いが逆になってる気がする、母性あるキャラに甘え倒したいとかそういう意味だった気がするのになぁ……<バブみ

壁ドンも意味変わったけど、バブみは完全に意味が逆になってるからおもしろいw

1