1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

名曲が蘇る…春は大御所アーティストのベストアルバムから目が離せない!

あの名曲も収録!2017年春は大御所&人気アーティストのベストアルバムが続々リリース!

更新日: 2017年03月23日

PISALOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 61454 view
お気に入り追加

●去年奇跡の大復活を遂げた

1988年結成。
1992年にメジャーデビュー。
メンバー:吉井和哉(vo)、菊地英昭(g)、広瀬洋一(b)、菊地英二(ds)
愛称は“イエモン”。

彼らが生み出すグラマラスで華々しいサウンドの根底にあるのは、デヴィッド・ボウイを代表するグラムロックやKISSをはじめとするハードロックなどの影響

ここに昭和の歌謡曲を想起させるクセのあるメロディが日本語で歌われることで、独自の世界が作り上げられた。

アルバム10枚とシングル24枚を遺して、2004年7月に解散。

活動休止となった東京ドーム公演から15年、多くの人が待ち望んだ瞬間が訪れた。

再結成後は「第58回日本レコード大賞」や「第49回日本有線大賞」の特別賞を受賞

年末には紅白歌合戦にも出場を果たす大活躍を見せた。

タイトルは「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」。新曲「ロザーナ」を収録した特典シングル付きのベストアルバム。そしてリリース日の5月21日はメジャーデビューの日でもある。

デビュー25周年記念企画として、解散後の2013年にファンの投票によって選曲されたアルバム、『イエモン -FAN’S BEST SELECTION-』のアンサーアルバムとして、同じ楽曲16曲全てを新たにレコーディング

さらに

12月9・10日の両日、東京ドーム公演『THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017』を開催することが決定

イエモンのベスト、曲目を見てこれまでのベストとの違いに疑問符が付きましたが、全曲新録とは これは買わないと☺

イエモンドーム2daysかー。一日行ければいいかな ↓ 新曲聞いた ↓ 両日行かねばなるまい ってなった。今年の(も?)我が家のお財布終わった

●近年再ブレイクを果たしている

1966年2月4日生まれ。
神奈川県厚木市出身。
愛称は“キョンキョン”

これをきっかけに1982年にシングル「私の16才」でアイドルとしてデビューを果たす。

84年の「渚のはいから人魚」「ヤマトナデシコ七変化」で大ブレイクし、翌年「なんてったってアイドル」でその地位を不動のものとする。

バリバリのスーパーアイドルだった小泉を、“アイドルの影武者だった”という設定にしたのもニクいですが、ナポリタンを『アバズレの食べ物だよ』と差し出すなど、サバサバした感じがピッタリ。

年を重ねることを楽しむかのようなそのスタンスは、いつまでも若さを保ち続けようとする“美魔女”とは対極にあるが、以前にも増して同年代の女性の熱い支持を受けている

デビュー曲「私の16才」から、「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒット曲を収録。

「この35年間、クロニクル(年代記)という言葉を使っても許されるほど時代の変化を見守った気がします。コイズミクロニクルをこれからも更新できるように長生きしたい」

小泉今日子のコメント

小泉今日子のベストアルバム! ほ、ほしい・・・

デジタルリマスタリング恐らく初の曲もありそう!コンプリートベスト出て無かっただけに絶体こうちゃる!(*´-`) 小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム5月17日発売 #BARKS barks.jp/news/?id=10001…

1 2 3





PISALOさん