基本はバッターがアウトになって終わる場合が大半ですが、ランナーが刺されることで終わるケースもないわけではありません。しかし盗塁失敗は珍しいケースでしょう。ましてやそれで優勝決定となればなおさらでしょう。2016年の夏の決勝でそれは起こりました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る