昨夏の「18U世界選手権」で、森友哉捕手(大阪桐蔭)が、米国選手から体当たりされたこともあり、2月にアマ内規に「危険防止ラフプレー禁止ルール」が加えられた。攻撃側の選手が、落球させよう、触塁しようとして意図的に体当たりすることや、乱暴に接触することを禁じる。審判が故意の接触とみなせばアウトを宣告するとしている。

出典大阪桐蔭「森ルール」偉業幻に/センバツ - 高校野球ニュース : nikkansports.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る