カウント1ボール2ストライクから宇部商・藤田修平が211球目を投じようとセットポジションに入り腕を少し前に出したが、キャッチャーの複雑なサイン動作に、藤田は無意識に投球動作を中断して腕を後ろに戻してしまった。この行為を見逃さなかった球審・林清一が「ボーク」を宣告。3時間52分に及んだ試合は甲子園大会史上初の「サヨナラボーク」という呆気ない結末で、豊田大谷高校が延長15回サヨナラで勝利を決めた

出典豊田大谷対宇部商業延長15回 - Wikipedia

この時のキャッチャーがのちに西武に入団する上本達之。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る