1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

WBC準決勝で日本敗退も…多すぎる“ビデオ判定”に不満の声が出ている

WBCの準決勝、日本対米国が21日(日本時間22日)、米国ロスのドジャースタジアムで行われ、日本は1-2で惜敗した。

更新日: 2017年03月22日

20 お気に入り 244845 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○決勝ラウンドの準決勝で日本代表が米国代表と対戦

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、決勝ラウンドの準決勝で日本代表が米国代表と対戦。

米国との準決勝は21日午後6時(日本時間22日午前10時)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで始まった。

○注目のレギュラーは…

2大会ぶりの優勝を狙う日本(2次リーグE組1位)と初優勝を目指す米国(F組2位)が対戦

小久保監督に先発マウンドを託された菅野(巨人)は「日本のファンの期待を背負って投げたい」と語った。

1番(DH)山田、2番(二)菊池、3番(右)青木、4番(左)筒香、5番(一)中田、6番(遊)坂本、7番(三)松田、8番(中)秋山、9番(捕)小林

○侍名手の菊池がまさかのエラーで失点につながる

4回表1死では、3番イエリチ(マーリンズ)の二塁ゴロを菊池がはじき、打球は中堅方向へ。失策で1死二塁となった。

米国が四回、菊池の失策をきっかけにつかんだ好機にマカチェンが左前打を放ち、1点を先制した。

その後、2死一、二塁となって菅野が6番マカチェン(パイレーツ)に左前打を許し、1点を先制された。

○菊池が6回同点弾で失点につながる失策を取り返す

WBC準決勝(日本-米国、21日、ロサンゼルス)日本は六回、一死走者なしから菊池が、2番手・ジョーンズから右越え同点ソロを放った。

侍ジャパンの菊池涼介(広島)が6回1死、ソロ本塁打を放ち1-1の同点とした。

○8回には米国に勝ち越し許す

A・ジョーンズの三塁ゴロを松田が弾く間に、三塁走者が生還し、貴重な勝ち越しの1点を挙げた。

○結局、日本は1-2で惜敗した

WBCの準決勝、日本対米国が21日(日本時間22日)、米国ロスのドジャースタジアムで行われ、日本は1-2で惜敗した。

1 2 3