1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ハードボイルドだけじゃ物足りない!一風変わった探偵小説

異能だったり人間じゃなかったり・・・みんな違ってみんないい。(さらば、愛しき鉤爪・半導体探偵マキナの未定義な冒険・掟上今日子の備忘録・鴨川食堂・心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている・キョウカンカク 美しき夜に・コズミック 世紀末探偵神話・視覚探偵 日暮旅人の探し物)

更新日: 2017年04月15日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 20676 view
お気に入り追加

●「さらば、愛しき鉤爪」 エリック ガルシア

おれの名前はヴィンセント・ルビオ。ロサンジェルスが根城のケチな私立探偵だ。つまらない仕事のかたわら、謎の死を瑞げた相棒アーニーの死因を探っている。

『さらば、愛しき鉤爪』エリック・ガルシア 恐竜が人間に紛れて暮らしているという(無茶な)設定の元繰り広げられるユーモア満載のハードボイルド。ミステリとしても秀逸。恐竜も大変だな……ってなります。人外クラスタ爬虫類クラスタ異種族の❤❤❤大好きクラスタに是非とも知って貰いたい一冊。

わたしの好きな小説で「さらば愛しき鉤爪」ってハードボイルド小説があるんだけど、主人公がロサンゼルスで私立探偵をやってるヴェロキラプトルなんですよ

●「半導体探偵マキナの未定義な冒険」 森川智喜

正行は17歳の高校生。彼には非線形人工知能学分野の権威である祖父がいた。祖父は現役引退後、人間そっくりのAI搭載探偵ロボットを開発、依頼人に派遣するボランティアをおこなっていたのだ。

森川智喜『半導体探偵マキナの未定義な冒険』読了。めっちゃ楽Cコミカルな探偵譚。依頼人のした依頼とロボット探偵の依頼の解釈の違いにより謎が生まれるという展開が面白い。あと「未定義な冒険」というタイトルがめちゃくちゃステキ。

森川智喜『半導体探偵マキナの未定義な冒険』読了。サクサク読めて楽しい。エラーを起こした探偵ロボットの思考をいかにトレースできるか。

森川智喜「半導体探偵マキナの未定義な冒険」読了。法月倫太郎さんが帯で星新一が好きな人にオススメと書いてる通りの感じのミステリ。面白かったです。ぜひシリーズ化して欲しいです。西島大介さんのイラストも本のテイストと合ってて良いです(^-^) #感想部

●「掟上今日子の備忘録」 西尾維新

掟上今日子の備忘録
掟上今日子の推薦文
掟上今日子の挑戦状
掟上今日子の遺言書
掟上今日子の退職願
掟上今日子の婚姻届
掟上今日子の家計簿
掟上今日子の旅行記

掟上今日子ーまたの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

「掟上今日子の備忘録」読了。一度寝たら記憶がリセットされる忘却探偵今日子さんのお話。昔ながらのというかやや古めかしい会話と雰囲気もある探偵モノでありつつ、現代劇で、IT系ネタで、ちょっと可愛らしい探偵さんで、短編集でサクっと読めて、忘れないうちにもうちょっと読みたい、そんなお話。

西尾維新著『掟上今日子の備忘録』読了。と、気付くと10歳の娘が読んでいる。読者層広いなぁ~さすが( ̄▽ ̄;) pic.twitter.com/yTrN4pbG7d

「掟上今日子の備忘録」読了しました。西尾維新の言葉遊びは少なめでしたが、キャラは立ってて面白かったです。殺人が起きたりはしないので「推理物」というよりは「探偵物」なんでしょうね。今日子さんが可愛いのでオススメです。

●「鴨川食堂」 柏井壽

鴨川食堂
鴨川食堂おかわり
鴨川食堂いつもの
鴨川食堂おまかせ

京都・東本願寺の近くにあるというその食堂には看板がない。食堂を切り盛りするのは、鴨川流とこいしの親子二人。この食堂では、もう一度食したい食べ物の味を少ない手がかりから再現してくれるという。

柏木壽『鴨川食堂』(小学館)読了。ずっと気になっていた本。お正月休みによく似合う、京都の料理屋そして食の探偵事務所の物語。初めは「美味しそう!」が先に立っていたけれど、後半はもううるうるでした。人の記憶って、確かに舌と結び付いてる。認知症の父を見ていてよ~くわかった。

鴨川食堂みたいに昔の思い出の味の料理を探してくれはる食堂があったら、亡くなったお祖母ちゃんがよく作ってたというワンタンスープを探してほしいかな

柏井壽《鴨川食堂》京都で父娘二人で営む食堂。同時に、思い出の「食」を探す探偵もしている。父は元刑事。お客様の昔懐かしい料理を探す事によって、その人の悩みや、わだかまりを解決する。懐かしい味って人を優しくするんだな…4話目の"とんかつ"は泣いた~

●「心霊探偵八雲」 神永学

心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている
心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの
心霊探偵八雲3 闇の先にある光
心霊探偵八雲4 守るべき想い
心霊探偵八雲5 つながる想い
心霊探偵八雲6 失意の果てに
心霊探偵八雲 SECRET FILES絆
心霊探偵八雲7 魂の行方
心霊探偵八雲8 失われた魂

赤い左眼を持ち、死者の魂を見ることのできる大学生、斉藤八雲。ある事件をきっかけに同じ大学に通う小沢晴香と知りあった八雲は、その特異な体質で謎に満ちた怪事件に次々と挑むことに。

@eidorianne_bf 神永学『心霊探偵八雲』 死者の魂が見える青年と少女のミステリーもの…だけれど恋愛要素もあってすごく読みやすい。ヒロインの晴香ちゃんが助けられてばかりじゃなくてヒーローのピンチに駆けつけちゃう行動派なところが好きです。八雲のときどきみられるデレが…!

@tiya55555 ④神永学さん「心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている」 とにかく一巻が最高にいいと思います 怖くて、面白くて、ちょっと笑えます。 ずぼらな八雲がかっこいい(笑)

神永学「心霊探偵八雲1」読了。 八雲君の、ひねくれた性格からくる、事件の新しい見解。実に面白かったです。 それと、キャラクターがそれぞれ際立ち、全員が主役のような圧倒さ。 幽霊が見える性質の彼に見える世界は一体……とても考えさせられながら、笑いあり、ぜひ読んでみてください。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する