1. まとめトップ

【現地情報まとめ】ロンドンでテロ発生【閲覧注意写真】

事件発生より現地時間3月23日21時までの情報を速報形式でまとめました。第一報から、だんだんと詳細が明らかにされていく緊迫した様子が伝われば幸いです。

更新日: 2017年03月26日

0 お気に入り 8769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

STEPNEYGREENさん

【3/22 14時半ごろ】ウエストミンスター付近でテロ発生

2017年3月22日午後2時半ごろ(日本時間同日午後11時半ごろ)男が運転する乗用車がウエストミンスター橋付近で通行人を次々とはね、その後運転していた男が、国会議事堂を警備中の警官を刃物で刺す事件が発生。

現場はビッグベンやロンドンアイの近くで、普段から観光客でにぎわう場所。

事件発生当初、英BBCの速報では「警官が刃物で刺される」という見出しのみで伝えられていた。車で通行人をはねたなどの情報は15時半ごろからネット上に上がってきた模様。目撃者の証言や写真などがSNSにアップされた。

【閲覧注意】車に轢かれたとみられる被害者の映像など

【3/22 15時20分ごろ】 首相の無事が伝えられる

首相官邸よりメイ首相の無事が伝えられる。

【3/22 15時半ごろ】目撃者による証言がSNSを通して伝えられる

「はねられた通行人が8人ほど道路に倒れていた」

「黒い服を着た男が棒状のものを振り回していた。警官が制止しようとしたが、警官のうちの一人が地面に倒れこんだ」(ビルの上から現場を目撃していた人の話)

「銃声を3,4発聞いた」

【3/22 15時40分ごろ】 現場付近の道路が閉鎖される

パーラメントスクエア、ホワイトホール、ウエストミンスターブリッジ、ランベスブリッジ、ビクトリアストリートの一部、ビクトリアエンバンクメントのエンバンクメント駅付近を閉鎖。

緊急車両優先のための措置。

【3/22 16時ごろ】ロンドン警視庁はテロによる犯行との見方

議会は建物を封鎖し、議員やジャーナリストを含む大勢の人々が5時間ほど建物内に留まるよう命じられた。ロンドンアイも運転を取りやめ、中にいた人たちが取り残されたとの情報。

国会議員が次々に声明を発表。

【3/22 18時半ごろ】最新情報

刃物で刺された警官は死亡。

車にはねられた通行人のうち2人が死亡。
他に20人程度の負傷者がいる見込み。

犯人は警官に射殺され、死者は合計4名に。

ロンドン警視庁は引き続き本件をテロとみなし、付近の建物および現場となった橋を閉鎖中。

政府の緊急事態対処会議(COBRA)を招集する準備を進めているとのこと。

【3/22 22時ごろ】最新情報

テロは単独犯とみられる。

負傷者は20人から40人に増えた。
このうち、12人は重症、さらにそのうち2名は重体。

負傷したのはフランス人の高校生3人、イギリスの大学生4人、警官3人などを含むが、他はまだ詳細が分かっていない。

17時過ぎに女性1名がテムズ川から救出された。負傷しているが無事とのこと。

閉鎖されていたウエストミンスター駅は、現在乗り換えのみ可能になっている。

刺殺された警官の氏名公表

キース・パルマー氏
48歳

事件当時武器を携帯していなかったとのこと。

【3/23 6時ごろ】 最新情報

犯行に使われた車はバーミンガム市内でレンタルされたものとの情報あり。

ロンドン警視庁は昨夜バーミンガム市内で家宅捜索を行った模様。テロとの関連は明らかにされていない。

パーラメントスクエア、ノーザンバーランドアベニュー、ミルバンク、ザ・マルは今朝も引き続き通行止め。

ツイッターでは#Westminsterでこのテロ関連の情報を検索できる。
#LondonisOpenの標語を掲げ、通常通りの生活をしようという人たちの動きも。

【3/23 8時半ごろ】最新情報

【速報】今回のテロに関連し7人逮捕されたとのこと。

亡くなった犠牲者のうち一人は40代女性、もう一人は50代男性。他に7名が重体。

【3/23 10時ごろ】最新情報

テロの犠牲となったアイシャフレイドさん。

学校に子供を迎えに行くため橋を渡っていたところ車にはねられたという。

【3/23 11時ごろ】最新情報

1 2