1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ビジュアル完璧!ディーンが結婚詐欺師役『結婚』

ディーン・フジオカが結婚詐欺師役を演じることが話題の映画『結婚』。公開日が6月24日に決定し、ポスタービジュアルも解禁となった。ディーンの色気ダダ漏れの詐欺師のビジュアルは、完璧なはまり役。同時に追加キャストも発表され、貫地谷しほり・萬田久子・安藤玉恵・古舘寛治ら豪華共演陣。

更新日: 2017年12月05日

19 お気に入り 28570 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆ディーンが結婚詐欺師を演じる映画『結婚』

ディーン・フジオカ、『あさが来た』五代役は「人生のターニングポイント」と男泣き #ディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA) #波瑠 crank-in.net/entertainment/… pic.twitter.com/SONCwpJ78S

朝ドラ『あさが来た』で大ブレイクしたディーン

俳優、ディーン・フジオカ(36)が初夏公開の主演映画「結婚」で結婚詐欺師役に初挑戦する。

様々な女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児(ディーン)。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。

「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ、彼らが持つ孤独と欲望を描いた本格恋愛ストーリー。

原作は直木賞作家・井上荒野氏が実父・井上光晴氏の同名小説にオマージュを捧げた長編小説。

◆『あさが来た』の西谷真一監督とディーンが再タッグ

『喧騒の街、静かな海』(2016、NHK)

演出:西谷真一
主演:ディーン・フジオカ

『あさが来た』の後に制作されたドラマ

メガホンをとるのは、フジオカがブレイクするきっかけとなったNHK連続テレビ小説「あさが来た」で、チーフ演出を務めた西谷真一。

西谷氏は、今作の実写化企画が進捗した際「この本格的な恋愛ドラマをぜひディーン・フジオカさん主演で」と提案。原作者の井上氏も受諾し、強力タッグが実現した。

脚本は連続ドラマ『結婚できない男』(06年)、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(12年)の尾崎将也氏が担当する。

◆共演には朝ドラ『まれ』の柊子が抜擢されて話題に

古海の相棒の千石役には、NHK連続テレビ小説『まれ』(15年)に矢野陶子役で出演した新鋭女優・柊子を抜てき。

騙された女たちは、古海のためにターゲットを見つける詐欺の相棒であり、自らも古海に騙されそうになった過去を持つ女・千石るり子にたどり着き、古海の本当の目的を知ることになる。

「この作品で重要な出演者の一人、るり子役には柊子さんを起用しました。とても未知数の可能性を持った女優さんなので、ディーンさんとのセッションが今から楽しみです。」

西谷監督のコメント

◆そしてポスタービジュアル解禁 色気ダダ漏れの完璧なビジュアル

直木賞作家・井上荒野の同名小説を実写映画化する『結婚』ポスタービジュアルが解禁。そして公開日が6月24日(土)に決定した。

“「結婚しよう」―─それが、彼の別れの言葉”というコピーが表す通り、華麗に女を騙しつつも、裏に秘めた孤独と哀愁を感じさせ、妖しく魅惑的な格好良さが炸裂するビジュアルとなっている。

また、ディーンはDEAN FUJIOKA名義で、自ら作詞・作曲を手がけた楽曲「Permanent Vacation」で主題歌を担当することも決定している。

◆同時に発表された追加キャストは貫地谷しほりら豪華共演陣

古海の妻・初音役は、脚本の尾崎将也が脚本執筆段階からイメージしていたという貫地谷しほりに決定した。

古海を助ける謎の女・柊泰江役には、ディーン・フジオカとNHK朝ドラ「あさが来た」以来の再共演を果たした萬田久子。強い信頼関係の元、詐欺師である古海に変化のきっかけを与える重要な役どころ。

古海に惹かれる家具屋店員・工藤麻美役に中村映里子。同じく古海に惹かれていくキャリア志向の編集者・吉岡真奈役に松本若菜。自分を騙した古海を探し出そうとする市役所勤務の穂原鳩子役に安藤玉恵。鳩子と共に古海を追う探偵・矢島役に古舘寛治。

◆ネットではディーンのビジュアルに反響

1 2