1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ウクライナとロシアの関係が悪化か…暗殺に弾薬庫爆発に注目

ロシアがクリミアを併合してから3年…両国の関係が再び心配されるニュースが頻発し今後の展開が注目されます。

更新日: 2017年03月24日

5 お気に入り 17797 view
お気に入り追加

ウクライナとロシアの関係が気になるニュースが急速に増加

欧米などによる対露経済制裁は国民生活に影響を及ぼしているが、国民の大多数がクリミア併合を支持している。

首都キエフでは、ロシアを敵視する民族主義者の集団がズベルバンクの現地法人本店を襲撃し、ブロックを積み上げて入り口を封鎖。

特に2017年に入って戦闘が激化し多数の死傷者が出てミンスク合意は事実上反故にされているほか、様々な形の対立が進んでいる。

最近、フェイスブックで「3年前にクリミア住民が平和的に行進した翌日にロシアは半島を占拠した」と強調

「すべての文明化された世界は、クリミアはウクライナだと知っている。われわれは闘い続ける」と宣言

そもそも「ウクライナ」とは?

歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。

ウクライナはロシア帝国以前から続く根強い反露感情を持ち、かつEUへの加入を目指していながらもその歴史故にロシアとも完全に決別する事が出来無い、という点が更に状況を複雑化している。

そんな中で、近々に意味深いニュースが…

・ロシア元下院議員、ウクライナで射殺される

射殺の実行犯はウクライナ国籍で、警護員の反撃で重体となり、取り調べができないという。

ウクライナ側はプーチン政権が関与したとして非難を強めています。

注文による殺人である疑いが強い、との見方を示した。一方ウクライナ指導部は、これまでの多くのケースと同様、この殺人に「ロシアの痕跡」を見ている。

ウクライナのポロシェンコ大統領はロシアによる「国家テロ」と糾弾した。両国の対立はさらに深まりそうだ。

歌謡祭でロシア代表歌手を入国禁止に

ロシア代表の歌手ユリヤ・サモイロワさん(27)のウクライナ入国を禁止すると明らかにした。

ロシアが2014年に併合したクリミア半島を当局の許可なく訪問し、ウクライナの法律に違反したという。

入国を禁止したことに対してロシアが強く反発し、両国の対立は国際的な文化行事にも暗い影を落としています。

一方、ウクライナで弾薬庫爆発 2万人避難 破壊工作説も

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。