1. まとめトップ

熊本県で人気の春雨料理太平燕(タイピーエン)

熊本県で人気の郷土料理で、ヘルシーな麺料理のような春雨を使った太平燕(タイピーエン)のご紹介。

更新日: 2018年10月16日

3 お気に入り 1346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

麺料理大好きです。

moepapaさん

太平燕(タイピーエン)とは

太平燕とは、「たいぴーえん」または「たいぴんえん」と読み、日本でアレンジされた中華料理の一種。春雨スープにエビ、イカ、豚肉、白菜、タケノコ、キクラゲなどの五目炒めを合わせ、揚げ玉子を添えたもの。熊本県のご当地グルメ。麺料理の一種。

福州料理の太平燕を明治時代に華僑が日本に伝えたものと言われる。伝来後は、日本で入手しづらいアヒルの卵の代わりにニワトリの揚げ卵(虎皮蛋)を、扁肉燕の代わりに春雨を用いたものと考えられる。このアレンジによって、それまでスープ料理であった太平燕が麺料理に変質した。

日本では長崎県、福岡県、神奈川県、東京都などの個別の中華料理店と、熊本を拠点にして日本各地に店舗を持つ味千ラーメンのメニューにあるのを除けば、基本的に熊本県中部においてしか見られず、ご当地グルメの位置付けとなっている。熊本市周辺では中華料理店のメニューの定番としてみられ、市の学校給食でも出されるポピュラーな料理である。

太平燕はラーメンと同様、スープには醤油、塩、トンコツなどの味のバリエーションが存在する。また揚げ卵ではなくゆで卵やウズラの卵が入っていたりするなど、店舗や家庭によって千差万別である。また、使用される春雨については中国産の緑豆春雨が中心であるが、馬鈴薯でんぷんを主原料とした日本産春雨を使用する場合もある。

様々な太平燕

近年では具もスープも工夫され、最新のラーメンのように、様々な創作太平燕が登場しています。

熊本で人気なのは魚介をたっぷり使ったものや

ゆで卵を揚げた虎皮蛋(フーヒータン)を入れたものなどです。

近年は、比較的低カロリーな春雨を使用し、具に野菜を豊富に使うことから、「ヘルシー志向の麺」として注目されており、2005年には東洋水産、エースコック、西日本食品工業からカップ麺として発売された。

熊本県の郷土料理らしく、くまもんパッケージのものも。

太平燕動画

1 2