1. まとめトップ

vol.1 禁煙が常識⁉ 禁煙を考えてる人のための【本当は怖い禁煙】の話|社会編

各世論調査から少数派に転落したことがほぼ確定的となった「分煙擁護論」。そこを押し広げていくと常識を揺さぶる貴重な情報が盛りだくさん。世界の大勢がひた走る禁煙推進に異論を差し挟み、議論を再流動化することはできるか。国際常識の地位を占めようかという勢いの禁煙大潮流に対する、熱量あふれる主張をご覧あれ。

更新日: 2017年06月27日

哲学な夜さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 6188 view
お気に入り追加

コンテンツを面白くすればするほど内容が膨れ上がり、そのため読みやすさを考慮してまとめを社会編と思想哲学編に分割することにしました。
このまとめは「vol.1 社会編」になります。

問題を集約したツイート

禁煙思想の全容をコンパクトにディフォルメしたツイートをまずはご紹介。

嫌煙家で、ベジタリアンで、食品添加物を嫌い、運動を奨励し、国民の健康増進を強力に推し進めた政治家がこちらになります。 pic.twitter.com/7veLfwOFQx

嫌煙、エコ、自然大好き、健康のためなら死ねる…このまとめで扱うトピックがぜんぶ揃ってます。

※写真の人物はヒトラーです。

もうひとつ、禁煙思想の実情に触れてるツイートを。

僕はタバコはまったくやらないけど最近の愛煙家の肩身の狭さは可哀そうだと思うんだよなあ。いや。欧米がやっているから日本もって考え方も嫌い。それは理由にならないと思う。嫌煙家の言葉の攻撃性の高さや正義の振りかざし感もなんだか違和感があると思う。分煙化を進めていけばいいんじゃないの。

〈欧米がやってるから〉が、〈攻撃性の高い言葉〉と〈振りかざす正義〉を勢いづけてる。って、整理できます。

さらにさらに。

私は、「男○ね」思想であろうが、ヘイトスピーチであろうが、思想信条の自由であると考えますが、「男○ね!ただし私の息子は除く!」はロジックとしてあまりにガバガバ過ぎだと思います。「差別と黒人が嫌いだ!」と同じですもの。

「周囲に健康被害を撒き散らしてる喫煙者○ね!
ただし車に乗って出した排気ガスでいずれも巡りめぐって不特定多数の人命を脅かす地球温暖化と農作物被害と健康被害を引き起こしてる私は除く!」

さぁ、これらのツイートで材料は出揃いました。じっくり料理していこうではありませんか。手加減しませんよw

弱気になってませんか? 怒濤の全面禁煙に

〈全面禁煙はグローバルな常識ですが〉のドデカい潮流に押され、こうまで嫌われてるタバコなんてやめちゃおうかとすっかり弱気になってる人。

それはタバコと真剣に向き合い、タバコを取り巻くいろんな問題にアンテナを張ってる人。そういう人にこそ読んでもらえたらすごく嬉しいです。

禁煙するかしないか、全面禁煙を支持するかしないかは、人それぞれ。ただ、このまとめでご紹介する「問題」が禁煙思想と共にあるという事実を多くの人にシェアしてもらえればと思ってます♡

禁煙という考え方の怖いところ、危ないところにツッコミを入れて、問題を炙り出しちゃおうっていうのがまとめの目論見です。
なかには「!」な情報があるかもです。よろしくおねがいします。

目に見えない敵に汚染され…

・分煙を拒絶する全面禁煙支持者の声

分煙を拒絶する強い理由として頻繁に指摘される、空気汚染。
汚染物質は目に見えません。不可視の〈敵〉なだけに、不安は募る一方。

募れば募るほど敏感に研ぎ澄まされる不安が、見えない敵をますます過大評価するっていう、学問的によく知られた〈悪循環〉がオートマチックに始動してるような…。

〈空気汚染〉の被害意識に「ここで終わり」っていう限界はありませんから、もう止まらなくなってる気がします。
誰かが止めてあげないと、大変なことになるかもですw

@hogepy 受動喫煙で毎年1.5万人が殺されている。これほど凶悪な被害が出ている状況で、受動喫煙を無くす方策を実施しないのは、明らかな人権侵害だ。 喫煙権は「他者が呼吸する空気を汚染しない」前提でしか認められない。この常識をすべての喫煙者にしっかりと理解させるべきだ。

まさか自分だけは空気汚染に加担してないとでも?
自覚を持ってくださいませ。

勝手に吸って、周りに害を撒き散らして。高い医療費使って大変迷惑な喫煙者。この世からいなくなってほしい。 これもたばこを吸う人のマナー!はるやまが作った「三次禁煙」対策スーツとは?(@DIME) zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2017…

この世からいなくなってほしいとかw
うーん、でも笑ってばかりいられないんですよね。なに気ない、こういう〈意向〉が喫煙者への不当な差別を〈容認〉する素地になるわけですから。

<煙は空気に混じると目には見えないこともあるのだが、そこには有害物質が飛んでいる。> <分煙されていても、従業員は喫煙席も業務上入らなくてはならない。今のような単に席を分けるだけでの分煙では、まったく不十分だ。> #受動喫煙 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-…

煙の色と匂いが消えた〈汚染物質〉は、目に見えない姿で空気に溶け込み、生活空間を満たしてるはずなのだ…。

その発想が怖いです。

喫煙者って公害だよね。実際に環境汚染しているし、煙のアレルギーで死んでしまう危険もあるのに、禁煙場所で、喫煙したら、罰金刑だけは、罪軽すぎると思う。傷害罪や交通事故と同等に扱っても良いんじゃないのかな?難しいかな?でも、喫煙者がいると安全に生活するのが難しくなってしまう

喫煙者は公害であり、傷害罪ですかぁ…
えっ⁉ 傷害罪⁉

喫煙者が存在すること自体が、〈公害〉なだけじゃなくて、〈傷害罪〉という〈犯罪〉でさえある。
こんなふうにして、汚染物質っていう〈目に見えない敵〉の流出元として、喫煙者を厳しく糾弾することになります。
タバコを吸ったという〈行為〉から、タバコを吸いたいという〈異常心理〉へと処罰対象をシフトするまであと一歩。危険過ぎます。
なにせ、喫煙者が存在してること自体が〈安全な生活〉を脅かす〈治安問題〉だっていうんですから。

くどいようですけど、危険過ぎます。

たった一人のたった1本の喫煙による空気汚染から逃れるためには、喫煙者の周囲にテニスコートと同じ程度の空間が必要なのである。逆に言えば、1本の喫煙はテニスコート1面程度の空間を汚染するということである。

ご苦労さま。

国際標準 〜日本はどこへ向かう?〜

1 2 3 4 5





哲学な夜さん