1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

スーパーマリオシリーズ

任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。日本での発売は1985年(昭和60年)9月13日。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。横スクロール型のアクションゲームで、プレイ人数は1 - 2名。

これほど世間的な認知度の高いゲームは他にそうないだろう。
ファミコンのアクションゲームの頂点に君臨するソフトといって過言ではない。

その人気は社会現象を引き起こし、他のハードで再発売されると
その度に売れる、「不朽の名作」と呼べる作品。

このゲームにキレイなCGを求めている人はいないと思いますが、ゲーム性は単純ながら今でも全然色あせてないです。

ルイージもマリオと全く同じ立場での出演です。
脇役となった今じゃまず考えられないことです。
最強の兄弟ここにありって感じがして、ルイージは脇役ではなく
主人公であることを思い出させてくれます。

1988年10月23日[注釈 2]に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータの横スクロールアクションゲームである。販売本数は国内で約384万本であり、この本数はファミコンソフトとしては『スーパーマリオブラザーズ』に次いで2番目である。全世界では約1728万本に達する。

当時のアクションゲームとして、個人的にはNo. 1の面白さです。
それぞれのステージの個性が豊かなこと、宝船、白いきのこの家、
隠しアイテム…何度やっても飽きない完成度完璧のゲームです。

これは、現在のマリオのシステムのスタンダードとなったマリオで、ファミコンの最高傑作です。

昔からのプレイヤーも現在の若年プレイヤーも
テレビゲームの本質について、このソフトを遊びつくして、
今一度、考え直す必要があるのではないかと、演説のように強くここに訴えたいです。

元々は、日本で1987年に発売された『夢工場ドキドキパニック』をベースに、キャラクターをマリオシリーズのものに置き換えた作品。同作をアメリカなどの日本国外の市場に輸出する際、プレイヤーとなるキャラクターをマリオ達に差し替えたうえで1988年に『SUPER MARIO BROS. 2』として発売されたソフトである。このため、日本版の『スーパーマリオブラザーズ2』は当初は国外でリリースされなかった。
その後遅れて1992年に、日本国外で発売された『SUPER MARIO BROS. 2』を日本向けに逆輸入したタイトルがこの『スーパーマリオUSA』である。

各ステージ毎にマリオ、ルイージ、キノピオ、ピーチ姫と合計4人のなかから好みのキャラクターを選んで遊べるのが、本作の特徴でした。
新しい技やアイテムも盛り込まれて、さらに楽しさが増した感じでした。

今回は4人の中から一人を選び、アクションこなしてくゲームです。ファイアー出したりするわけじゃなくて、物を投げて攻撃します。
今までにないマリオでおもしろいです。好きなマリオのゲームの3本の指に入るかも。

ドラクエシリーズ

和製RPGの原点、まさに金字塔
ともいうべきドラクエ'Tほどのインパクトを与える
RPGが、爛熟した今のゲーム業界から生まれるはずもない。
そういった意味で、セピア色に色あせた昔の懐かしい写真のごとく古参ゲームファンの記憶に残る真の名作だと思う。

2で特筆すべきはなんといってもそのゲームバランスです。
魔物の強さ、お金の大切さ、冒険のスリル、ダンジョンの恐怖、そしてそれに打ち勝った時の達成感すべてが最高のレベルでまとまっています。
適正レベルで、十分な装備を整えた主人公たちでも油断すればあっさりと全滅するスリルにもかかわらず、低レベルで鍵をうまく手に入れれば各地で最強装備を集め、はるかに強い敵の出るエリアを攻略することも可能な絶妙なバランスと自由度

このドラゴンクエストIIIが発売された時、僕は小学3年生でした。
あれから20年近く経ちましたが、僕はこの作品を超えるゲームに残念ながら出逢えていません。
シナリオ、音楽、ゲーム性、熱中度など「ゲーム」を形成する上で大事な部分が全てにおいて完璧だと思います。

4はファミコン版が一番感動します!面白く作ろうという想いがいっぱい詰まっています!特にスイッチを入れた瞬間あの音楽とオープニング映像が出て来る所は感動せずにはいられません!素晴らしいファミコンクオリティーの世界があなたを待っています!懐かしいあの時代に戻りたい人はぜひどうぞ!

ファイナルファンタジーシリーズ

1 2 3 4