精神科医のジョー・ベケットは死者を心理分析して死因を解明する、いわば“心理検死官”だ。彼女が急行した現場にはやり手の連邦検事補が死んでいた。遺体にはルージュで書かれた「dirty」の文字。

出典心理検死官ジョー・ベケット (集英社文庫) | メグ・ガーディナー, 山田 久美子 |本 | 通販 | Amazon

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どんな犯罪も見逃さない!検視官が主人公の小説まとめ

難事件を推理、解決する魅力的な検視官が登場します。(櫻子さんの足下には死体が埋まっている、臨場、クランI 警視庁捜査一課・晴山旭の密命、検屍官、心理検死官ジョー・ベケット)

このまとめを見る