1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

史上最強のミュシャ展『スラヴ叙事詩』二度とない体験に歓喜の声

六本木・国立新美術館にて『ミュシャ展』が開催中です。目玉は、何といってもこれまで門外不出だった圧倒的な大作『スラヴ叙事詩』全20点。稀代のグラフィックデザイナーとして成功した晩年のミュシャが、画家として人生をかけて取り組んだスラヴ叙事詩を一度に見られるまたとないチャンスです。

更新日: 2017年03月29日

192 お気に入り 59393 view
お気に入り追加

六本木・国立新美術館にて『ミュシャ展』開催中

【会期】
2017年3月8日(水)- 6月5日(月)
毎週火曜日休館
※5月2日(火)は開館

「ミュシャ展」が六本木・国立新美術館にて開催される。期間は2017年3月8日(水)から6月5日(月)まで。「スラヴ叙事詩」の全20点がチェコ国外で展示される初めての展覧会だ。

ミュシャがその後半生の情熱を全て捧げた「スラブ叙事詩」全20作に加え、ポスターや壁画装飾、切手やお札などのデザインなど、画業の全てを俯瞰できるすごい展覧会になりました。

チェコ国外では初展示となる『スラヴ叙事詩』全20点を含め、史上最強のミュシャ展と言われています。

アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。

チェコ生まれの男性画家/グラフィックデザイナー。
チェコ語の発音では「ムハ」となります。

繊細な曲線やグラデーションで描かれるミュシャの絵は絶大な人気を博し、当時はポスターやカレンダー、お菓子の缶など、いろいろな物のデザインを担っていました。

ミュシャはポスターで、しなやかな女性、流れる髪、花、背景の左右対称なアーチや丸枠など、後にミュシャ様式とも呼ばれる大きな特徴で人々を魅了した。

ミュシャの作品は、あまりの美しさ故に当時はポスターを貼ってもすぐに盗まれてしまったといいます。
現代も世界中の人々を魅了し続けているのですから、当時の人々の目に映った美しさは計り知れません。

目玉は門外不出の『スラヴ叙事詩』全点の初展示

超巨大な『スラヴ叙事詩』作品の展示作業の風景。

パリ滞在時代、舞台女優サラ・ベルナールのために作成した『ジスモンダ』や、春夏秋冬を美しい女性で表現した『四季』など多くの作品を手がけているミュシャですが、彼の作品の中でも最も時間をかけ、生涯の大作と位置づけて制作したのがスラヴ民族の歴史を描いた『スラヴ叙事詩』です。

ミュシャは50歳から16年の歳月をかけて完成させたのが、『スラヴ叙事詩』全20点の制作です。

グラフィック・アーティストとして成功した後も画家としての野心を捨てることなく、油彩画を描き続けました。その最大の、最終的な成果が壁画的なスケールの大画面から成る《スラヴ叙事詩》です

6m×8m、小さいものでも4m×5mもある超大作20点からなる「スラヴ叙事詩」を制作するいくつかの理由と要因がミュシャにはありました。

ミュシャは、スラブ民族の独立の機運が高まっていたチェコ民族復興運動の最盛期に生まれました。

故郷を愛し、人道主義者でもあった彼は、自由と独立を求める闘いを続ける中で、スラヴ諸国の国民をひとつにするため、チェコとスラヴ民族の歴史から主題を得た壮大な絵画の連作を創作したのです。

出典grapee.jp

1912年制作、『スラヴ叙事詩』第1作。

1926年制作、『スラブ叙事詩』締め括りとなる作品。

ミュシャは舞台となる地を実際に訪れて取材し、古い文献や記録資料も丹念に調べて、チェコとスラヴ民族の歴史を主題とした作品を描きあげました。

古代から近代に至るスラブ民族の歴史が象徴的に描かれており、チェコの宝として今まで国外に出ることはなかった作品だ。

『スラヴ叙事詩』を制作するミュシャ。

「ミュシャ展」体験者たちの声

スラヴ叙事詩思ってたのの5倍大きかった…すごい良かった…。

スラヴ叙事詩、でかいとは聞いてたけどそれでも想像以上の大きさだった

総括すると、今回の展示ではミュシャ大先生から、わかりやすく人の心を掴むという事の価値、素晴らしさ、それを裏打ちする高い技術を再確認させてもらったという印象。 日本でスラヴ叙事詩全点を生で見る機会はおそらくもう無いと思うので、行っておいて良かった。 #ミュシャ展

今日はミュシャ展行ってきたー!スラヴ叙事詩良かった…とても良かった…!

楽しみにしていた国立新美術館のミュシャ展へ。チェコ以外では世界初公開となるスラヴ叙事詩、よくぞ持ってきてくれました…!という気持ち。あの大きさと迫力、訴えかけてくる目、生で見ると思考回路が完全に止まる凄みだった。 pic.twitter.com/3nacJtwiPc

ミュシャと言えば作品そのものはもちろん、後世のコミック・アニメ・ゲーム等の世界にも影響を与えて既に消費され尽くされていて、「今更」感が漂う気がしなくもなかったが、やはり現物を観ると良い物は良い、と確認できた。 何と言ってもスラヴ叙事詩の原画の圧倒的な存在感…!

今日はミュシャ展行ってきたんだ!これは絵画鑑賞というより体験。点数少ないのにスラヴ叙事詩観ただけでちょっとぐったりしちゃった。最近買った単眼鏡大活躍でした。 pic.twitter.com/86s5fBKJCU

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう