1. まとめトップ

海外セレブ☆2017年もファッションリーダー確定はこの4人だ!

次々と変わるファッシンリーダー、2017年も女性に支持されること確実の4人のファッショニスタをご紹介

更新日: 2017年03月27日

2 お気に入り 22055 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emily-oliviaさん

ティーンから30代、40代までの女性で、海外セレブのファッションやアイテムを参考にしている人は多いはず。
ただ移り変わりの激しいトレンド、ファッション業界。
2017年も引き続きファションリーダーとして、人気の4人をピックアップしてみました。

①ミランダ・カー

離婚したオーランド・ブルームとの間にできた愛息子、フリンくん抱くミランダ。脚長いですね。
持ってるバッグはプラダ。

彼女は下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」のモデルとして有名になり、その抜群のスタイルもさることながら、日本人受けする愛らしい美貌が人気です。
ファッションは奇抜さがなく、私たちも真似しやすいものばかり。
デニムとジャケットの着こなしには定評があります。
またファッションの他、ココナッツオイルやコンブチャなど、ミランダが美容のために愛用のものが日本でトレンドになること多いです。

「ミランダのようになりたいという女性がとにかく多い。今までの海外のセレブにはなかった反応ですね。親しみやすい表情や、真似しやすいファッションは日本人女性に受け入れやすいのだと思います」(ファッション誌関係者)

日本での人気の秘密について、海外のセレブ事情に詳しいコラムニストの辛酸なめ子さんはこう分析する。

「下着モデル出身ということもあって、パリス・ヒルトンのようなセレブやスーパーモデルとは違う感じがしますね。お高くとまっている感じがないというか。そこが女性から支持を集めやすい一因でしょう。

“こうなりたい”という理想像として人気を集めている面も強いと思います。髪の色も金髪ではなく茶色で、顔立ちもどこか日本人に近いから、メイクで近づけるかもしれない、ミランダになれるかも、と日本人女性に思わせるところはあると思います。

 あとは、彼女の精神面を支持する人も多い。スピリチュアル系の本を読んでいたり、幸運を引き寄せる法則を実践していたり。そういう発言も多いんです。夢を叶えるために言葉を唱えるアファメーションというものも実践していると聞きます。そういったところも、スピリチュアルが好きな日本人女性に受けているのかもしれないですね」

②オリヴィア・パレルモ

TIBIのテイラードコートに差し色として赤のLONGCHAMPのバッグを持つセンス抜群のオリヴィア。

不動産コンサルタントとして資産を築いた父親を持つ、本物の上流階級出身のオリヴィア・パレルモ。
リアリティ番組「The City」で一躍ブレイクし、現在はソーシャルライツとして活躍。
その上品な美貌とファッションセンスはカリスマ的人気です。

【EDITOR'S VOICE】
「“これを着ておけばOK”とか、“これを持っていればおしゃれだろう”というトレンドアイテムに頼りすぎない着こなしを見ていて、本当におしゃれが好きなんだな~と感じます。テイストの幅の広さからも、ファッション好きなところがうかがえます」(ファッション エディター Y)

「私服もドレスアップも、総じて抜け目のないところはさすが。オフショルダートップスやジャンスカに、スカーフをさらりと合わせる感じが、THE お手本!という感じです」(アシスタント ファッション エディター T)
 
「洗練されたNYスタイルのなかに女性らしさを醸した、品のある着こなしはいつ見ても憧れ。バッグやシューズなど、大人の遊び心感じるデザインを選んでいるところもさすが!」(アシスタント ファッション エディター I)

③エマ・ロバーツ

「ヴィクトリア・ベッカム」のビビットカラーのレザージャケットにレオパードスカーフを合わせたエマ。

ハリウッドの大女優、ジュリア・ロバーツの姪として知られる彼女は、ジュリア同様、着実に女優としてのキャリアを積みつつ、ファッショニスタとしても人気です。

ジュリア・ロバーツの姪で、女優・歌手のエマ・ロバーツ。身長157cmと小柄ながら、次世代ファッションセレブとして頭角を現している彼女の着映え技には、私たち日本人にも参考になるヒントがたくさん!

ハリウッドで生まれ育ったサラブレッドらしい、無理をしすぎず気張らない姿勢が、爽やかで好感が持てる。

目鼻立ちがしっかりしたクラシカルな美貌でハイブランドを颯爽と着こなす姿が評判を呼び、ファッショニスタとしても注目が高まっている。見つめられればどきりとしてしまいそうな目元は彼女のチャームポイントのひとつ。瞳の虹彩を際立たせる美しいアイメイクが印象的。

④キャサリン妃

2011年4月に8年の交際を経てイギリス、ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃。
ダイアナ妃亡きあと、イギリス中から愛されるプリンセスです。
その美貌や一般家庭出身といった親しみやすさだけではなく、ファッションも人気の理由。
なんとZARAを愛用されてるようで、写真のホワイトジャケット、ブラックのスキニーパンツはZARAです。
はた着回しもお得意で、そのコーディネイトには定評があります。

彼女のファッションに注目が集まり続けるのは、そのスタイルの良さ、ファッションセンスの高さだけでなく、ファッションにも彼女の人柄があらわれているからです。

イギリスをはじめ各国のプリンセスは、公の場に出るときは必ずフォーマルでハイブランドの衣装を着ています。

キャサリンは、若者に人気のファストファッション、ZARAなどのワンピースやアクセサリーを身につけ、たびたびパブリックな場に登場してきました。

「1国のプリンセスがZARAのワンピースを着ている!」などと、プリンセスにもかかわらず、ファストファッションを堂々と着ることに、世界中から賞賛の声があがりました。

いかがでしたか?いずれも魅力的な4人のファッショニスタでした。

またコーディネートまとめも作る予定ですのでよろしく☆彡

1