1. まとめトップ

頭がかゆ~い!実は・・・『カビ』が原因だった・・・?!【頭皮のフケ、かゆみ】

頭皮のつらいかゆみ、そしてフケ。その原因と、対策について。

更新日: 2018年01月13日

4 お気に入り 11075 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amamiyanさん

頭皮のかゆみの原因は『カビ』?!

頭皮にカビなどと聞くと、不潔にしている人だけの話では?と思う人が多いのではないでしょうか。

実は誰の頭皮にも皮脂を食べて生きるカビがいるんです。
このカビが増え過ぎると、頭皮がかゆい、フケが出る原因になることがあります。

食事やストレスなど様々な要因で「フケ原因菌」が増えると、菌そのものや、菌による分解で生じた物質が刺激となり、フケ・かゆみが発生します。

何もせず放置しているとかゆいとかフケが出るだけではなく、抜け毛や薄毛の原因になることもありますので、ケアをするようにしましょう。

『脂漏性皮膚炎』とは?

脂漏性皮膚炎は頭皮に起こった場合、かゆくなるほかに赤くなったり、皮膚が荒れてカサつき、皮膚がはがれてくるため「フケが出る」と勘違いしてしまうことがある皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも呼ばれ、頭皮のほかに顔の鼻の周りや耳の後ろ、摩擦の多いわきの下、太ももの付け根などにも起こります。

症状がひどい場合は自己判断せずに、皮膚科専門医に診てもらいましょう。

脂漏性皮膚炎には、『ミコナゾール硝酸塩』が効果的らしい!

マラセチア菌に効果がある薬用成分にはミコナゾール硝酸塩・オクトピロックス・ジンクピリチオン・イソプロピルメチルフェノール・ケトコナゾールなどがありますが、中でも最も真菌に効果があるのが「ミコナゾール硝酸塩」です。

出典http://www.マラセチア・シャンプー.com/entry8.html

おすすめの市販のシャンプー・リンス

人によって合う・合わないがありますので、ご注意ください。

難点は少々お値段が高め(200mlで1,700円前後)

このシャンプーは皮膚科で診療してもらうと必ずと言っても良いほど、医師たちが進めるシャンプーです。
マラセチア、脂漏性皮膚炎には1番効果的なシャンプーです。

出典http://www.マラセチア・シャンプー.com/entry8.html

ミコナゾール硝酸塩の濃度は「0.75%」と極めて低濃度ですので、頭皮への刺激は心配ありません。

なぜ、コラージュフルフルネクストは高いのか?
実はコラージュフルフルネクストはミコナゾール硝酸塩とは別にもう一つ、有効成分が配合されているんです。
それがオクトピロックス。
このオクトピロックスもマラセチア菌に効果がある成分なんです。

出典http://www.マラセチア・シャンプー.com/entry8.html

メディクイックのみに入っているグリチルリチン酸ジカリウムは、炎症を抑制する抗炎症成分で、ニキビケアの洗顔料にも配合されていることが多い。

頭皮のカビを防ぐ方法とは?

シャンプーした後、自然乾燥させるのは止めましょう。

カビは湿気を好みますので、いつまでも濡れている頭皮はカビが住みやすい環境を提供しているようなもんです。

毛先ではなく頭皮をしっかりと乾かすようにしてください。

シャンプーは石油系のものや洗浄力が強いものはやめてアミノ酸系のシャンプーに変えてみてください。

1