1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

若者たちよ、さらば…Twitterが17歳未満の使用を禁止に

3/25に実施されたアップデートにより、iOS版のTwitter公式アプリが「使えなくなった」「ホーム画面から消えた」などの事案が相次いでいます。

更新日: 2017年03月27日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
82 お気に入り 309252 view
お気に入り追加

■スマホからTwitterアプリが消えてしまった人が相次いでいる

進級祝いでママに買ってもらったスマホからツイッターのアプリ消えたんだけど〜っ><なんで><

Twitterアップデートして使えなくなったんやけど…

なんかアプリからTwitter使えなくなってるんだけどぉ! まぢ意味わかんない!!

■どうやらiOS版のTwitterアプリだけの問題みたいです

iOS版Twitterアプリがバージョン6.74.2にアップデートされ、一部のユーザーにおいて「ホーム画面からTwitterアプリが消える」といった問題が生じています

TwitterのiOS向けアプリは、今回のアップデートで「17歳以上」の年齢制限が設けられました

これにより、17歳に満たないユーザーの端末からアプリが消えたり、開けないといった症状が発生している

■なぜ急にこんな制限をかけたのか

Twitterは13歳以上の方を対象に考えられています。ただ、場合によっては過激なコンテンツを目にされる可能性があります

成人向けのわいせつなテーマなどのコンテンツ、投稿から17歳未満の子供を守るため年齢制限が設けられた

■え…それじゃあiPhoneではもうTwitter使えないの?

Twitterアップデートしたら、新しく年齢制限できたらしくiPhoneからログインできなくなりました(´;ω;`) 17歳以下、使えないみたいです。気をつけて! おかげでレポをみるにも、ツイートするにも一苦労(^_^;) Twitterアップデートしないことを、おすすめします。

え、iPhoneの17歳以下Twitterアプリ使えないって本当だったんだ…

■17歳未満のiPhoneユーザーでもTwitterを使う方法があります

起動できないようにさせている機能は、iPhoneに搭載された「機能制限」の設定によるもので、機能制限で特定の年齢以上が指定されたアプリを入手しようとしたり、閲覧しようとした際に、閲覧できないようになる

iPhone版のTwitter公式アプリの年齢制限の解除は、iPhoneの機能制限という設定を変更することで、簡単に解除することができます

機能制限をオフにすることで引き続きTwitterアプリが利用できます

ホーム画面から「設定」をタップし、表示されたメニューから「一般」をタップします。

表示されたメニューから「機能制限」をタップします。

機能制限用のパスコードを入力します。
iPhone本体のパスコードとは別のものになります。

保護者によりこの機能を有効にされている場合は、保護者の方にパスコードを確認しましょう。

パスコードを入力したら「機能制限を解除」をタップします。

機能制限用のパスコードを入力します。
前の手順で入力したものと同じものです。

メニュー下部の文字がグレーになり、丈夫に「機能制限を設定」と表示されたら機能制限の解除に成功です。

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします