1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

安本 彩花(やすもと あやか)1998年6月27日生まれ

私立恵比寿中学、出席番号5番

愛称は彩花、彩ちゃん
彩ちゃんを紹介するのに必要なキーワードは「歌」と「人間力」になると思います。

心のこもったバラードに迫力あるシャウトまでこなす歌唱力

あと、安本の声をAutoTuneにぶっこんだら、音程がパーフェクトピッチ。絶対音感は持っていないらしい。命名・「エビ中のボーカロイド」

このLIVEは豪雨とその影響でマイクが壊れるという劣悪な環境の中での圧巻のパフォーマンスを行った時の画像。
私立恵比寿中学の”生き様”を見たような気がしました。

そしてこの状況の中で一切音程外すことなく歌い上げた安本の姿は森山直太朗から絶賛されるほどでした
その姿を見て涙するほど

人間の鏡。心に一切の淀みがない子

第一印象から人柄の良さが伝わり、見た目通りの性格が読み取れます
少しの邪心も見られないくらい心の隅から隅まで綺麗な子です!
少しの邪心くらいあってもいい、、、とすら思いますね笑
実際に共に長く時間を過ごしているメンバーや家族が言うくらいですからね

真山 「彩花から誰かの悪口を聞いたことがない」

杏野 「すごく心がきれい。感性豊かだし、あんなにいい子なかなかいないよね」

あやか?緑なの?あやかは心の清らかな娘。 (代筆妻)

会社で3番目に偉い人

くつ下の食べさせあい、息のかけあい、脂肪のつまみあい
いつもだいたいこの3つのどれかでお父さんと試合してます。

出典私立恵比寿中学「エビ中交換日記」

なにこれ?笑

同じ職業のアイドル、言ってみればライバルだが
モーニング娘。のファンを公言。石田亜佑美推し

その他にもsuper☆girls、juice=juice、buono!を好きな歌手と上げている

そんな彩ちゃんがさらに人として成長するきっかけとなったのは

2014年4月 メンバーの卒業、その中でも一番慕っていた年上のお姉ちゃん的存在にあたる
杏野なつの卒業、と同時に年下メンバーの加入
甘えてばかりいた時期から立場が変わり、いきなりの教育係に抜擢。
優しさだけではどうにもならない壁、一時期本当に悩んだそうです。
それでも悩み続け、葛藤したからこそ一回り成長して強くなることができました。

2014年11月のコンサートでの最後のスピーチ
ぶち当たった壁、悩み、そしてこれからについてすべて語ってくれました。
実際に会場にいた自分も感動しましたし、周りは泣いている人も数多くいました
ファンだけではありません。元エビ中だった仲間も見に来ていており泣いていました。

その優しさを込めた歌、スピーチで人の心を動かし涙させるのですから
彩ちゃんの人間力は本物です。
これからもエビ中を繋いでいってくれるでしょう!

お待たせしました(待ってました)盛り上げますよーいきますよー
それそれそれそれ(それそれそれそれ)アゲアゲアゲアゲ(アゲアゲアゲアゲ)よし(よし)
トマト大好きリコピン少女、出席番号5番、安本彩花です

1