1. まとめトップ

【レトロ・クラシック・モダン】なネオ・クラシックバイク

クラシックなバイクは老若男女問わず人々に愛されます。バイクは速さが全てはありません。

更新日: 2017年03月27日

7 お気に入り 17874 view
お気に入り追加

すごくお洒落ですが、20年以上前のバイクです。
このSW-1、今でも人気があり価格は年式にしては高めなのです

古いバイクは維持費がかかる

車もそうですが、古い車種は一定のタイミングで部品の生産が止まります。
部品の生産が止まると壊れた場合に直せなくなってしまいます。

どうしても乗りたい場合は、同じ部品をもっている同車種か同年代のバイク(大体ジャンク品)を部品取りに購入する必要があったりもします。

レトロでも新しいバイク=ネオ・クラシック

この見た目にして最新式です。
昔の燃調(燃料噴射装置)はキャブレターという機械式ですが、現在のバイクはEFI(Electronic Fuel Injection)によって電子制御されています。

このバイクにはないですが、ABS装備も普通になっています。

クラシックバイクの特徴

以下、タイプ別のネオ・クラシックバイク(最新式)

トラディショナル・スタイル

伝統的なクラシックスタイルです。
王道。スタンダード。
誰にでも受け入れられる形。

日本製のバイクで一番人気があるクラシックバイク。
勿論、最新式はEFIだ

日本製のバイク。
水冷時代にあえて空冷4発のエンジンを開発し、
かつ環境基準を満たすバイク
HONDAの技術者はキチガイ

カフェ・スタイル

ハンドルが垂れ気味(セパハン)なので、姿勢が「伏せ」(レーシー気味)に近くなります。
シングルシート(一人乗り)
バーエンドミラー(ミラーが立ってなく、ハンドルの横にあるもの)

上でご紹介したSR400。
国内ではカフェ仕様にカスタムするのがとても人気です。

レトロ・スタイル

レトロ色、たとえばカーキや抹茶グリーンなど
あ「なんかレトロ」と思ったらレトロ・スタイル

ボバー・スタイル

ボバーには、ボブカットと同じ語源の「短く切り落とす(bob)」という言葉に由来するという説があります。
・スカチューン(できる限り外装を取り払ってスカスカにする)
・リア、フロントフェンダーを短くカット
・ハンドルは通常の高さより低いのが一般的(高過ぎるとチョッパースタイルになる)

1 2





cathand-alloutさん