1. まとめトップ

「命みじかし、恋せよ乙女」の元ネタとは?・・・実は大正時代の流行歌?

よく聞くセリフやフレーズで、由来や語源がふと気になること、ありませんか?今回のネタはなんと100年前の歌謡曲だったということなのです!森見登美彦の小説、ハセガワケイスケの小説、クリープハイプの楽曲、MOSHIMOなどなど。

更新日: 2019年08月23日

4 お気に入り 97011 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秀道さん

「命短し恋せよ乙女」みたいなセリフ、聞いたことありませんか?

ノリの良いフレーズなので、何処かで聞いたことがあるはず。

初出は「ゴンドラの唄」・・・大正時代の流行歌

1915年(大正4年)に発表された歌謡曲。吉井勇作詞。中山晋平作曲。

いのち短し   恋せよ乙女
あかき唇    あせぬ間に
熱き血潮の   冷えぬ間に
明日の月日は  ないものを


いのち短し   恋せよ乙女
いざ手をとりて かの舟に
いざ燃ゆる頬を 君が頬に
こヽには誰も  来ぬものを


いのち短し   恋せよ乙女
黒髪の色    あせぬ間に
心のほのほ   消えぬ間に
今日はふたたび 来ぬものを

歌詞は、「七・七・七・五」の都々逸と同じ音律になっている

7・・・いのち短し
7・・・恋せよ乙女
7・・・あかき唇
5・・・あせぬ間に

100年経った今でも、似たフレーズが使われることがしばしば

2015年に発表から100年を迎えた「ゴンドラの唄」。

今でもこれの影響を受けた文言がいろいろなところで見られます。

◯花の命は短いけれど、命短し、恋せよ乙女!

1993年12月5日公開の「劇場版美少女戦士セーラームーンR」におけるセーラームーンの台詞。
林芙美子の短詩「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」と融合させたものであろう。

◯命みぢかし恋せよ人類!

2003年10月29日発売の犬神サアカス團(当時:犬神サーカス団)による3rdシングル。

大人の言う事を疑うこともなく
かたくなに信じて生きてきたけど
裏を覗いてみればデタラメな世のしくみ
誠実なんてまるで見当たらない

◯夜は短し歩けよ乙女

2006年11月に角川書店より出版された森見登美彦による小説。
これが元ネタと勘違いしている人も多い。

◯命短し恋せよ漢

2009年3月4日にキングレコードより発売された角田信朗の『よっしゃあ漢唄』に登場する歌詞。

◯イノチミジカシコイセヨオトメ

2012年4月18日発売クリープハイプ アルバム:死ぬまで一生愛されてると思ってたよ
作詞:尾崎世界観 作曲:尾崎世界観

ピンサロ嬢になりました
生まれ変わったら何になろうかな
コピーにお茶汲みOLさん
明日には変われるやろか
明日には笑えるやろか
花びら三枚数えたら いつかは言えるか スキキライスキ

◯命短し恋せよ乙女 (重音テト)

2012年10月8日に投稿された。「乙女は生涯現役なのです」
Music & Lyrics: デスおはぎ "Death-Ohagi"
Movie & Illustration: 小山乃舞世 "Oyamano Mayo"
Manipulate: ゆらほにゃP

次ページは。。。『命短し恋せよ乙女(MOSHIMO)』

1 2