1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

地毛はブロンドじゃなかったセレブたち

ブロンド歴長い!

ヒラリー・クリントンも茶色の髪で眼鏡のダサい女性だったのに、夫の選挙のイメージアップに金髪に染めてスタイリストをつけたそうです

そういえば、ヒラリー・クリントン氏は、偽ブロンドじゃなかったかな。眼鏡とローダム姓と非ブロンドが政界での栄達にい邪魔という事で今に至っている筈。 かなり酷い(社会)だし、気の毒とは思うのだけどね。やだな。

1969年、イェール大学のロースクールに通っていた頃

ヒラリー、若い時の地毛はブロンドじゃ無いんだよね。そして、瓶底眼鏡っこ。でも、それじゃ受けが悪いからって、染めて、眼鏡辞めた。もちろん支持者を増やす為。

最近は金髪ショートが定番

ホームアローン3に出てた当時12歳のスカーレット・ヨハンソン pic.twitter.com/CJYHs7Cxly

眉毛も色薄いしブロンドだと思ってた…

「実はブロンドじゃない」スターの代表格には、アカデミー獲得女優のニコール・キッドマン

母国オーストラリアで女優をしていた時は、言ってみれば赤毛の大女。しかし、ハリウッドに進出してからは、一作ごとに洗練されていき、みるみる美人になった

数少ないブロンド男と思いきや?

1 2