1. まとめトップ

春から始めたいメイク初心者のためのHowToMAKE♡

今までメイクをしてこなかったけれど、新生活に向けてメイクができるようになりたい♡そんなメイク初心者に役に立つメイクやコスメの基本情報をまとめました

更新日: 2017年03月28日

56 お気に入り 33202 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mreiseさん

春から始まる新生活♡

そこで初心者が知るべき基本情報をまとめました♡

初心者にはナチュラルメイクがおすすめ♡

出典prcm.jp

薄付きのナチュラルメイクは濃くなりすぎず、適度にメイクしてる感が出るので初心者におすすめです。また、使うコスメが少ないためお財布にも優しい♡

何から買えば良いの??

出典cosme.com

ドラッグストアで一本ワンコインで買えます♡

色んな色がありますが、透明感が出るトレンドの紫がおすすめ!

顔と首は繋がっているため、色味に差があると違和感が生まれてしまいます。首にも顔にも合う色を選ぶためにも、頬から首にかけたフェイスライン、つまり境目でカラーを選ぶことで自然な仕上がりになるとされています。

よく首の色と比べると聞きますが、フェイスラインの色に合わせることをおすすめします。色を見るときは、明るく白い照明の下で見てください。

各メーカーのクマ隠しにおすすめされている色を選んでください。シミや赤みを隠すコンシーラーもありますが、10代後半から20代前半であれば、お肌もキレイなのでくまを隠すだけでキレイに仕上がります。

目の下のクマが気になる場合は、目元は皮膚が薄いので、 伸びがいいリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーを使います。

あるとないのでは大違い!一気に垢抜けます。髪の色に合わせて選びましょう。ブラシ付きのアイブロウパウダーを選んでください♡

普通のパレットアイシャドウより指でつけるクリームアイシャドウの方が簡単でおすすめです。色はラメ入りの明るいベージュが使いやすいでしょう。

気分によって使い分けられる多色パレットタイプがおすすめ♡色味は薄めのピンクやオレンジがおすすめです。

A:ブルーベースに分類されるチーク
フューシャピンク、パステルピンク、ローズピンク、モーブ、トゥルーレッド、ローズレッド、バーガンディ、モーブなどの色のチーク。
クールですっきりした印象のチークです。



B:イエローベースに分類されるチーク
コーラルピンク、サーモンピンク、オレンジ、テラコッタ、トマトレッドなどの色のチーク。
温かみのある印象のチークです。

青みが強い肌をしている人はA群のカラー、黄色みが強い肌をしている人はB群のカラーがおすすめです。

保湿もできて食事の時に違和感が少ないことがメリット♡メイクの統一感を出すためチークと合わせた色を選んでください♡

初心者がパフを使うとファンデーションが厚塗りになりがち。。。薄付きのナチュラルな仕上がりにするためブラシを使用することをおすすめします♡
これは100円ショップでも購入することができます。

いざメイクへ♡

水気はしっかり拭き取りましょう。事前にお肌の保湿をすることでメイクが崩れにくくなります。

1回あたりの適量を手の平全体に広げる
手の平全部で顔を覆うようにして、頬、額、あご、鼻や目の周りなどまんべんなく肌になじませる
化粧水がすうっと肌に馴染むのを感じたら、もう一度手の平に化粧水を追加する
目もと、小鼻、眉間、鼻の下など細かい部分を重点的に、指の腹の部分も使って押さえていく
顔全体を鏡でチェックし、表面に水気が残っている感じがないかを確認する
最後に手の平や甲で触れてみて肌にピタッと吸い付くような感触になればOK

手のひらをくぼませて、2~4回振った量を出し、両手のひらに広げた後、顔の中心から外側へ向けて、大きく円を描くようにのばします。乾燥しやすいほおからつけ、ひたい、あごと、順番に十分なじませます。特に、乾燥しやすい目や口のまわりは、ごく少量、指先にとり、重ねづけすると効果的です。

滑りの良い乳液でついでにフェイスマッサージをしてむくみをとるのもおすすめ♡

ベースメイクのやり方

下地をパッケージ記載の必要な分取り出して写真のように点々と顔に置き、矢印の方向に伸ばして馴染ませます。

下地の乾き具合のムラが、ファンデーションのムラにつながります。頰の上は薄付きで下が濃いめなど、違和感が出てしまうのでここで一旦顔全体の油分を均等にします。

BBクリームを塗った肌に、ティッシュペーパーを貼りつけて、余分や油分などを吸収します。 ティッシュは、顔に貼りつけたあとに上から軽く抑えるだけで、顔の上で移動させたり力を入れて拭き取ったりする必要はありません。 また、塗った後すぐではなく、7分後浮いてきたらティッシュオフして、 その後にフェイスパウダーをすると、自然で崩れにくいメイクをすることができます。

ちなみにフェイスパウダーとはほぼ無色に近い、化粧崩れを防止するパウダーです。ファンデーションの後の仕上げに塗ることもあります!汗ばむ夏などにおすすめ!

3から5個ぐらいのコンシーラーの点を目元においていきます。指でぼかしてクマの裏に塗ります。ポイントはうす〜く塗ること!全然クマの色が隠れていなくてもコンシーラーの上に濃いめのファンデーションがつくので大丈夫♡

①ファンデーションブラシをクルクルと動かしてファンデを含ませます。
②手の甲の上でササッとすべらせ、余分な粉を落とします。
③ファンデーションブラシを円を描くようにしてクルクル動かし顔の中心から、頬、おでこの順にぬり終わったら、次は回転させず鼻の上から下へ向けてブラシをなでるように動かしていきます。

手の甲で余分な粉を落とすことがポイント!この工程がないと厚塗りになり、老けた印象を与えます。。。

1 2