1. まとめトップ

【ハンターハンター】危険度Aクラスの賞金首盗賊団『幻影旅団』とは??

冨樫義博先生の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する架空の盗賊集団。団長を蜘蛛の頭、団員を12本の蜘蛛の脚に見立てた13人で構成される。通り名として「蜘蛛(クモ)」とも呼称されている。読者人気の高いハンターハンターの中で、悪役でありながらファンの多い集団。

更新日: 2019年02月01日

2 お気に入り 35336 view
お気に入り追加

幻影旅団の団員で、団員ナンバーは1。旅団結成時からの初期メンバーの1人。 身長183cm・体重75kg。血液型B型、流星街出身。常に刀を所持している居合いの達人。本編には念能力タイプについては触れられていないが、ファンブックによると強化系能力者らしい。

ノブナガの特徴

・フランクリン曰く「タイマン勝負専用というか限定条件付きの能力」
・居合い斬りの達人
・円は4メートルほどと短い
・ウボォーギンの死に対して涙を流す感情を持ち合わせている

幻影旅団団員。生年月日は本人も知らず不明。一人称は「ワタシ」。結成時からの初期メンバーの1人。念能力タイプは変化系に属しており、普段は刀と銃を仕込んだ傘を武器として使う。 性格は粘着質で嫌味っぽく、好戦的で残虐。拷問が趣味。

フェイタンの特徴

・冷徹で残酷。好戦的で拷問好き。

幻影旅団団員。流星街出身。旅団結成時からのメンバー。身長159cm、体重48kg、血液型A型。髪の色は原作と2011年版アニメではピンク、1999年版では紫。論理よりも感覚を優先していて、非常に勘が鋭い。念能力タイプは変化系能力者。

マチの特徴

・非常に勘が鋭く、旅団内でも一目置かれている
・団長に対しての絶対の信頼や忠誠心を感じさせる

劇場版オリジナルキャラクター。 元・幻影旅団メンバーでヒソカと入れ替わりで脱退。右の掌に蜘蛛の入れ墨が入っている。ヒソカとの決闘に敗れる形で脱退したが、実はヒソカが倒したオモカゲは本人ではなく、オモカゲが自身の能力で操っていた念人形のオモカゲだった。念能力タイプは明らかにされていないが、おそらく特質系能力者だと思われる。

オモカゲの特徴

・劇場版オリジナルキャラクターで、原作には一切登場していない

謎の奇術師。ハンター287期生。身長187cm、体重91kg。血液型B型。天才的な格闘センスの持ち主。性格は気まぐれで嘘つき。一時的に団員ナンバー4番として幻影旅団に在籍していた事があったが、クロロとのタイマン決闘目当ての偽装入団であり、結局は退団した。念能力タイプは変化系能力者。

暗殺一家ゾルディック家の一員。五人兄弟の末っ子。年齢10歳、血液型A型、身長150cm、体重31kg、パドキア共和国出身。外見とは反対に、性格は残忍で敵を嬲り殺す悪癖がある。ヒソカが幻影旅団を抜けた後、4番の後任として入団した。実力は他の団員よりも数段劣っている。念能力タイプは操作系能力者。

幻影旅団団員。身長185cm。体重85kg。血液型AB型。流星街出身。豪快で短気な性格。団員よりもルールを優先し、他の団員に対してもルール厳守を主張している。ただし、根底の部分では仲間思い。念能力タイプは強化系能力者。

フィンクスの特徴

・旅団腕相撲ランキングは2位で、ウボーの死後1位の腕力者となっている
・豪快で短気な性格
・ルールを優先し、他の団員に対してもルール厳守を主張
・根底の部分では仲間思いで、パクノダの遺志を汲んだり、流星街の住人に発破をかける一面も。
・クロロが念能力を失った時は、復活と帰還を一途に待っていた

幻影旅団団員。結成時からの初期メンバーの1人。ハンターライセンス所持者。 身長180cm、体重72kg、血液型O型。流星街出身。愛称は「シャル」。旅団内では参謀的な存在で、クロロが不在の時は彼に代わって指示を出すこともある。念能力タイプは操作系能力者。

幻影旅団団員。身長219cm、体重225kg、流星街出身。旅団結成時からの初期メンバーの1人。フランケンシュタインの怪物のような風貌をした巨漢で、長い耳たぶや顔に負った無数の傷が特徴的な男。戦闘スタイルは豪快で手当たり次第に敵を虐殺するが、仲間内では比較的温厚な性格。念能力タイプは放出系能力者。

幻影旅団団員。団員ナンバーは8。身長160cm、体重45kg、血液型O型。旅団の中では新入りに当たる。 頭は決して悪くないのだが、どこか天然で抜けている性格。一見緊張感ない雰囲気の持ち主だが、行動に出ると容赦がないという一面がある。言葉もたまに毒舌になる。念能力タイプは具現化系能力者。

シズクの特徴

1度忘れたことは2度と思い出さない

幻影旅団団員。愛称は「ボノ」。全身に包帯を巻いており、その上からボクサー用のようなグローブとトランクスを身に付けている男性。開発によって住み処を追われた少数部族ギュドンドンド族の生き残りにして舞闘士(バプ)。念能力タイプは具現化系能力者。

幻影旅団団員。団員ナンバー11。 身長258cm、体重189kg、血液型B型、流星街出身。通称ウボーもしくはウボォー。豪放磊落な性格でタイマン好きの戦闘狂。危険な任務を好む旅団の特攻団員。見た目通りのパワーファイター。幻影旅団一の頑強な肉体の持ち主で、腕相撲も旅団内で最も強い。念能力タイプは強化系能力者。

幻影旅団団員で、団結成時からの初期メンバーの1人。流星街出身。 身長182cm、体重52kg、血液型O型。愛称は「パク」。性格はクールで義理堅い。旅団内では尋問と情報収集が担当で、作中でもかなり稀有な能力の持ち主。念能力タイプは特質系能力者。

幻影旅団団員。一人称は「ボク」の男性。愛称は「コル」。旅団内では最も小柄な人物で、腕相撲も旅団最弱。戦闘には向いていない。しかし念能力の性質上、支援要員としては非常に優秀。念能力タイプは具現化系能力者。

■今後、旅団はどうなる??

2013年1月に劇場公開された『HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』を記念して来場した ファンに配られた「0巻」での巻末インタビューで、富樫先生が今後の旅団とクラピカ について質問された際の回答。

ただ、真意の程は定かではありません。

全員、生き物なんで「最終的には皆死にます」というジョーク的ニュアンスなのかもしれませんし、シャルナークとコルトピがヒソカに殺害されたように、主要ストーリーの中で全員死んでしまうのかもしれません。ドキドキものです。

1 2