1. まとめトップ

オシャレが台無し!汗をかく時期は要注意。金属アレルギーに気をつけよう!

金属アレルギーになるとオシャレも制限されたり、初期症状をほっておくと重症化し大変なことになるかもしれません。アレルギー体質の人でなくても予防をしっかりしましょう!

更新日: 2017年03月29日

4 お気に入り 5637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

o-oさん

金属アレルギーが発症してしまう条件は・・汗と菌!

金属は汗に触れると溶け出してイオン化し、肌に染み込み痒みなどの症状が出る場合もあります。
今まで使用していて大丈夫だったものが、ある時から反応を起こしてしまう、ということもあり得えます。更に痒くなったところを掻いてしまい、傷が付くことによりイオン化した金属が肌に染み込み症状が悪化することも

普段は金属アレルギーではないんだけど汗と反応するらしくってそろそろ今年の夏用アクセ対策考えねば・・・ 問題はイヤリングよね 痛くなくかつ落ちないの シルバーでステンレス製とかないかな ステンレスはピアスあいてた時期にも重宝したのよね

私ネックレス大事につけてたけど夏つけたら金属アレルギーみたいな事なってネックレスあまり付けれなくなったんだわ

3年前くらいにテレビで見た。 金属アレルギー。 ランチのフォークもダメになるらしい。大変。

金属アレルギーを予防しよう!

夏場は汗に注意しよう!
金属製のアクセサリーの汗はこまめに拭きましょう。

肌に優しいアクセサリーを選ぼう

溶け出してイオン化しにくい、安全性の高い金属を使ったアクセサリーを選ぶようにしましょう。症状が少しでもでたら、しばらく金属は身に付けないようにして、患部を清潔に保ちましょう。初期症状を軽く見ると症状の悪化の原因になります。

アレルギーを起こしやすい金属とは?

金属アレルギーになるのは嫌だけど、オシャレはしたいですよね・・

特に夏場は金メッキ等の安価なアクセサリーは避けましょう。
金属アレルギーの原因として報告されるNo.1はニッケルです。加工しやすく、安価なので金メッキの下地としてよく使われます。
次にコバルト、クロムと続きます。安いからという理由で選ぶ方も多いかもしれませんが、とても汗に溶けやすく発症することが多い金属です。
安いアクセサリーは、汗に溶けやすくアレルギーを起こしやすい金属が使われていることが多いので、汗をかきやすい時期は避けた方が無難です。

アレルギー対策としてニッケルフリーのメッキやゴールドフィルドでコーティングされていても、コーティング前の素材は安価な金属の場合が多いので注意が必要です。
ゴールドフィルドはメッキに比べれば剥げにくいですが、ぶつければ剥げてそこから変色が起こる場合もあるので注意が必要です。

あーピアスどっかいった(;_;)金属アレルギーやから樹脂ピアス買うけど、だいたい緩くなって消えていく。

アレルギーを起こしにくい金属を身につけよう!

安定してて金属アレルギーの少ない金属といわれています。金やプラチナがダメだという敏感肌の方でも大丈夫とも言われています。

この素材はもともと医療用に使われているハサミやメスなどの素材として使われている素材です。
金属アレルギーを起こしやすい敏感肌の人は、サージカルステンレス素材のジュエリーを選べば安心という事でも良く知られた金属素材です。

金属アレルギー対策のジュエリーはダサい?

金属アレルギー対策のジュエリーは地味なデザインが多いイメージですが、最近ではオシャレなデザインやブランドも増えているように思います。

医療用ステンレスピアス

正しい知識で金属とうまく付き合いましょう

アレルギー症状がないことが一番です。今までアレルギー症状がなかったとしても今後出てくる可能性が十分にあります。
特に汗をかきやすい時期は用心をして、これから先もずっとオシャレを楽しめるようにしましょう!

1