一般には、まったく治療が必要なくなるまでに、早い人で3~4か月、長い人の場合は2~3年から、10年近くに及ぶ人もいます。
通常、治療を始めてから1か月ほどで症状自体はよくなってきますが、これは薬などによる一時的な症状の改善に過ぎず、もしそこで治療をやめてしまえば、再び症状がぶり返して襲ってきたり、再発により更に悪化する場合があります。

出典自律神経失調症の治療期間は長くなってしまうケースが多いようです|脳の病気チェックドットネット

患者の年齢(若い人ほど治療期間が短い傾向がある)や性格、病気の種類、原因の根深さなどによっても治療期間は変わってきます

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

自律神経失調症治るまでにどくらいの期間がかかるのか?

自律神経失調症の治療期間は、長くなってしまうケースが多いようです。様々な例がありました。

このまとめを見る