1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

温暖化対策撤廃するなんて。トランプ大統領の政策に色んな意見が。

地球温暖化対策を進めてきたアメリカが撤退かも。トランプ大統領が環境政策の多くを撤廃しています。雇用とアメリカ経済の発展になりますかね…。色んな声があります。

更新日: 2017年03月30日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 48704 view
お気に入り追加

六カ国入国禁止も差し止め。うまくいかないトランプ大統領

アメリカのトランプ大統領は、効力が差し止められているイスラム圏7カ国からの入国禁止令に代わる、新たな大統領令に署名した。

イスラム圏6カ国からの入国を原則禁止する新たな大統領令の施行を16日に控え、ホノルル連邦地裁は15日、執行差し止めを命じる仮処分を出した。

トランプ大統領は仮処分命令を受け、「必要であれば、このひどい判断と最高裁まで争う」と表明した。

オバマケアの代替え案も却下…支持率も低下している。

アメリカのトランプ大統領は、いわゆる「オバマケア」に替わる法案の採決を見送り、法案を一時、取り下げる方針を示した。トランプ政権にとっては大打撃になる。

野党・民主党に加え、共和党内の保守強硬派の議員らも反対し、否決される可能性が高いとして、共和党のライアン下院議長と取り下げることで合意しました。

この法案は前の政権の看板政策であるオバマケアを撤廃し、新しい制度に代えるもので、トランプ政権と共和党にとって最優先の課題となっています。

支持率はさらに下落。18日時点で政権発足以来最低の支持率は37%、不支持率は58%にまで落ち込んだ。

そんな中、温暖化対策撤廃の大統領令に署名

トランプ氏は28日の大統領令で、発電所から排出される温室効果ガスを規制した「クリーンパワー計画」や連邦所有地での石炭の新規採掘停止など、オバマ前政権が導入した環境政策の多くを撤廃。

アメリカのドナルド・トランプ大統領は3月28日、バラク・オバマ前政権の温暖化対策を撤廃する大統領令に署名した。

世界第2位の温室効果ガスの排出国であるアメリカの温暖化対策が大きく後退するものと見られます。

温暖化対策はアメリカ産業を衰退させていた。

温暖化対策の規制よりも米国の雇用を重要視するトランプ政権の立場が反映されている。

石油採掘・石炭業界などからは雇用創出につながるとして称賛の声が上がる一方、エネルギー業界のアナリストらは大統領令が大きな影響を及ぼすか懐疑的な見方

実は、選挙前にパリ協定の離脱を表明していた。

2016年11月に発効した温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」についても離脱の意向を表明していた。

トランプ政権はパリ協定から離脱するかどうかについてまだ明確にはしていないが、28日の大統領令への署名は、それを示唆している可能性もある。

温暖化政策ではアメリカの景気が良くならない…トランプ大統領。

トランプ氏は、アメリカの景気を盛り上げるために、ビジネスを抑制している原因だとする環境規制をなくすと公約した。

大統領令ではオバマ前政権が禁止した国有地での石炭の採掘について規制を廃止するとしています。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する