デビュー戦こそ単勝2番人気の3着と惜敗するも、その後レコード勝ち1回を含めて4連勝。暮れの目標であった阪神3歳ステークスは直前の体調不良で出走取消となるも、その後も東京4歳ステークス、弥生賞と連勝を重ねる。出走取消はレースをしていないと見なされるのでここまで6連勝を含む7戦6勝という順調な出世ぶりで、とくに弥生賞に関しては主戦騎手の田原成貴が「こんなの攻め馬だよ」とレース後に発言するほどの楽な内容の勝利であった。

出典サルノキング - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

競馬 ~行方不明になった重賞勝ち馬~  Part2

誰にでも思い出のレースがあるはず。そこでがんばった馬たちが人知れず姿を消しているのをご存知ですか?ここに挙げるのは、姿を消した馬たちのほんの一部でしかありません・・・

このまとめを見る