1. まとめトップ

牛乳パックで”ふわあつの焼き立てパン”や”スイーツ”を作ってみよう!牛乳パックレシピまとめ

パンを手作りするとなると、特別な道具や型がないと作れないというイメージを持っている方も多いのでは? 今回ご紹介する作り方だったら「牛乳パック」さえあれば大丈夫。ホームベーカリーも使いません。牛乳パックを型にすればミニサイズの食パンに! それではさっそく作り方をチェックしていきましょう!

更新日: 2017年04月21日

hayate15さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 2286 view
お気に入り追加

牛乳パックでできる!ミニ食パンを作ってみよう!

ふわふわであつあつの焼き立てパンを自宅でも味わえたらうれしいですよね。

今回は特別な道具はつかわず、自宅にあるものでつくる食パンをご紹介します。

春休みなどお休みの日に挑戦してみてはいかがでしょうか?

牛乳パックでできる!ふわふわ食パンの作り方

パンを手作りするとなると、特別な道具や型がないと作れないというイメージを持っている方も多いのでは? 

しかし、今回ご紹介する作り方だったら「牛乳パック」さえあれば大丈夫。

ホームベーカリーも使いません。牛乳パックを型にすればミニサイズの食パンに! それではさっそく作り方をチェックしていきましょう!

牛乳パックを組みたてよう

1.牛乳パックを写真のように切ります。

●用意するもの

牛乳パック
クッキングシート
ホチキス
はさみ
輪ゴム
アルミホイル(オーブンで焼く前に使用)

2.牛乳パックの上の部分は、畳んでホチキスで留めます。

3.作った牛乳パックの型に合わせて、クッキングシートを切ります(蓋になる部分も忘れずに)。

クッキングシートは、生地が牛乳パックに触れないように、しっかりと敷き詰めて下さい。

型ができたら生地をつくろう!

【材料4人分】


強力粉 200g
牛乳 150cc
砂糖 10g
バター 10g
ドライイースト 3g
塩 3g

【下準備】

・バターは、角切りにしておきます。
・牛乳は人肌程度に温めておきます。

【作り方】

1、ボウルに、強力粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れます。

2、ボウルに牛乳を加え、箸でくるくると混ぜ、ひとまとめにします。

、生地を台の上に出し、こねていきます。手で生地を手前から向こう側に台に押し付けるようにこねます

4、生地を手前に折り戻します。3~4を繰り返します。

15分~20分ほどこね続けると生地がまとまってきます。

5、生地にバターをのせ、もみこむように混ぜていきます。

くちゃくちゃと音がしなくなるまでもみこみます。

6、バターを加えた後は、やさしく折りたたむようにしたり、手のひらで生地を押し付けるようにしてこねます。

表面が滑らかなり、生地にツヤと弾力が出てくるまでこねましょう。

生地を伸ばすと、向こう側が透けてみえるくらいになればOK。

7、キレイに丸めたら、大きめのボウルや容器に入れてラップ又は蓋をし、オーブンで1次発酵させます。

35~40度で30~40分くらい置きましょう。

8、2倍くらいに膨らんだら取り出し、フィンガーテストをします。

人差し指に粉を付けて差し込みます。

指の跡がそのまま残っていれば合格! 

指のあとがすぐに消えて戻ってしまうのは発酵不足、全体が沈んでしまったら発酵しすぎの証拠です。

9、生地を丸めなおし、大きめのタッパーなどに入れて、10~15分くらい休ませます。

ぬれふきんをかけておいてもOK!

10、生地を牛乳パックの大きさに合わせて、綿棒で楕円形にのばします。

11、生地を牛乳パックの容器に入れ、輪ゴムでとめます。

12、11をオーブンで2次発酵させます。35~40度で20~30分ほど置きます。

生地が1.5倍くらいの大きさにふくらめばOKです。指で軽く表面を押してみて、ゆっくりと戻ってくるくらいであれば発酵成功です。

13、牛乳パック全体にアルミホイルをきつめに巻きつけます。

180度に予熱したオーブンで、25~30分ほど焼きます。焼けたら型から取り出して完成!

おうちベーカリー開店!アレンジ食パンも楽しもう

レーズンパン

黒糖の上品な甘みが広がるレーズンパン。

基本のレシピに卵も加えているので、リッチなテイストに仕上がります。


くわしいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/33088/recipe/147446

キャンプで子供と作ろう!牛乳パックでホットサンド♪

1 2





hayate15さん

気になるニュースを料理します。
皆様の役に立てるよう頑張ります。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう