1. まとめトップ

オナ禁が続かない・・・そんな時に欲しい言葉

オナ禁を科学的根拠が何一つない・・・たとえそういわれていても、オナ禁を実際にやってみて効果があったとの報告が多いのも事実だ。それなら、オナ禁を使って自信を取り戻し、人生の成功をつかみ取ろう

更新日: 2017年03月31日

8 お気に入り 6323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuuuuuuuma46さん

オナ禁をゴールにしてはダメ

オナ禁を科学的根拠が何一つない・・・たとえそういわれていても、オナ禁を実際にやってみて「効果があった。」との報告が多いのも事実だ。それなら、オナ禁を使って自信を取り戻し、自制という真の意味で人間らしく行動できるようなろう

そして、人生をよりよくするためにオナ禁を利用しよう。
決してオナ禁だけをゴールにしてはならない

オナ禁が続かない脳

ニーチェの言葉

自分の主人となれ

勘違いしてはならない。
自制心という言葉を知っているだけで、なにがしか自制できているわけではない。
自制は、自分が現実に行うそのもののことだ。

 一日に一つ、何か小さなことを断念する。
最低でもそのくらいのことが容易にできないと、自制心があるということにはならない。

また小さな事柄に関して自制できないと、大きな事柄に関して上手に自制して成功できるはずもない。

 自制できるということは、自分をコントロールできるということだ。
自分を巣くう欲望を自分で制御する、欲望の言いなりになったりせず、自分がちゃんと自分の行動の主人になる、ということだ。

自慰行為による罪悪感

自慰行為に対して罪悪感をもたないことも重要である。
 ああぁ今日は我慢できなかった
自分はダメな人間だ。・・・とこのような思考になってしまうと、
ストレスもかかるし、元も子もない。

人の脳は、感情脳、本能、理性脳、この三つが違う答えを脳でだすから”悩み”が発生します。
性欲を抑えることはその本能や、感情脳を抑えて理性的に行動することです。

衝動的ではなく、理性的に行動してこそ人間です。

一度、失敗したから連続でリセットするのではなく、オナ減を生活習慣にして、実生活でなにか成功してこそオナ禁の真のゴールなはずです。

オナ禁で
・イケメンになる
・目が綺麗になる
・身長が伸びる
・ニキビが少なくなる
・朝早起きになる
・睡眠時間が少なくても平気
・肌が綺麗になる

こんな効果がウソであっても、オナ禁をすることで自分に自信をもって行動できるようになるなら、続けていくべきです。

瞑想で脳が鍛えられる

1