1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

媚びない女の特徴

今回は、好かれたり、モテることを意識して、顔色をうかがったり、言葉や仕草で媚び諂(へつら)う女性が多いなか、ピリッと辛口な塩対応をする「媚びない女の特徴」を紹介します。

1.興味がないと対応が素っ気ない

男性ウケを重視したモテモテ人生を歩もうとしている女性なら決してしない(できない)対応でも、媚びない女にとっては簡単なことなのです。挨拶もアッサリしていて、話かけても興味がないことには過剰に反応しません。

2. 媚びない女は一人でも大丈夫

媚びない女は、基本的には集団行動があまり好きではなく、一人で行動するのが好きな一匹オオカミタイプの女性です。

大勢で群れて行動するよりも自分の気分や自分の好みだけで動くことを好みます。

人と一緒に行動することは媚びない女にとっては苦痛であることも往々にしてあります。

3. 嫌なことはNOと言う

NOと言うのって、なかなか難しいですよね。特に社会に出た女性にとっては、自分の意見を押し殺して相手を優先する癖がついている場合があります。でも、嫌なことはNOと言うようにしましょう。なんにでもへらへらと笑ってOKを出しているような女性は、「媚びている」と思われてしまいます。自分の意見のない、おもしろくない女性に見られてはもったいないじゃないですか。笑顔でさらっとお断りのできる女性は、芯があって素敵です。

4. 裏表がない

・「裏表がなく自然体な人はそうだと思う」(男性/31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「裏がない」(男性/31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

5. 自分に絶対的な自信を持っている

媚びない女性は自分に絶対的な自信を持っており、自尊心が高い傾向にあります。そのためあらゆる面で自立しており、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンが多いのも特徴です。

自分に自信のある彼女たちは、他人に媚びる必要がないので心にもないお世辞を言ったりはしません。一見冷たそうに見えても裏表がないので周囲から信用されます。

6. 流行や他人の話題にあまり興味を示さない

媚びない女は、流行や他人の話といった女性が食いつきそうな話題に、あまり興味を示しません。
媚びない女は他人のご機嫌とりをしないので、ひとつの意見としてとらえることもできます。

好きでもない流行ファッションに身を包んだりもしません。

7. 女性であることを武器にはしない

媚びると聞くと、女であることを強調して、何かと女を武器にしますよね。

すぐ泣く行為もそのうちの一つなのかもしれません。

また露出したファッション、ワントーンあげた声など、女性であることをめいっぱい利用していると、媚びているような印象を与えます。

女を武器にするような女性は、いわゆるぶりっ子の特徴でもありますよね。

ぶりっ子=媚びる女、と思われることは当たり前のようになっています。

8. 軸がぶれないので信用されやすい

「媚びない女」は、自分に自信を持っていて、下心があって甘えたり、女の武器を使ったり、男性の前だけで態度を変えたり、良い顔を見せたりしないので、他人に流されず常にマイペースですが人間的に信頼されやすく好感を持たれます。

9. 他人のご機嫌取りをしない

媚びない女性は、他人のご機嫌取りをしません。

もちろん、「相手に失礼のないように接する」という、最低限の大人のマナーは心得ていますが、必要以上に他人を気分良くさせようとは考えていません。

媚びない女性は基本的に、「自分も相手も対等の関係である」というポリシーの元に人と接していくので、「自分だけが一方的に犠牲になって、相手だけを喜ばせる」ということはしないのです。

そのため、「必要以上の愛想笑いをしない」「心にもないことを言って、相手を必要以上に喜ばせたりしない」「お世辞はほぼ皆無」といった特徴も見られます。

1 2