アジアを例にすると、日本、韓国、オーストラリア、イランといった現時点でもW杯出場の常連となっている国は、余裕で予選突破という感じになるはず。

出典W杯「出場枠48ヵ国」問題の波紋…一番得をするのは、FIFAと中国だった? - エキサイトニュース(2/5)

その他の地区予選も同様。厳しいW杯予選が”ヌルゲー”に?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アジア枠大幅増。FIFAの「W杯出場枠案」が物議を醸している

個人的には改悪としか思えないけど…どうなんでしょうね?

このまとめを見る