1. まとめトップ

《1週間で受かる!》簿記3級試験に最短で合格する唯一の方法

簿記3級試験に短期間で合格するために、元公認会計士で会計事務所勤務経験があり、現在は予備校で簿記3級合格講座の講師をしている筆者が編み出した必勝ルールを公開します。予備校にいくような時間もお金もかけられないという方向けに確実に無駄なく勉強する方法をまとめたものです。

更新日: 2017年04月02日

cwkakuninさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 26624 view
お気に入り追加

簿記試験とは?

簿記は企業の活動を記録するための会計という方法で管理する方法です。

将来公認会計士や税理士を目指す人にとって、必ず勉強しなければならない資格であると共に、
簿記自体が全ての企業の活動の根幹をなす部分であるため、最近では一般企業でも重宝される資格となりつつあります。

その中で簿記3級は勉強すれば誰でも受かる資格だと言われることが多いです。
実際、勉強方法を間違えなければ難易度も高くない資格だからです。
簿記3級を持っているだけ転職に有利なこともありますし、
会社の人事評価、特に昇級の材料となることも多いようです。

どうせ受ける試験なら一発で合格したいですよね?
ここでは簿記3級、2級、1級などの試験に合格し、現在は予備校で簿記試験合格のための短期講座の講師をしている私の視点で最短の「1週間」で合格する方法についてお教えします。

あまり意識されていない簿記3級の勉強方法

簿記3級は実際には勉強法さえ間違えなければ短期間で簡単に合格するコスパの良い資格です。

しかし、世の中には簿記3級を合格するために、あまりにも多くの時間とお金をかけている人がいます。
私が所属している予備校や大手教育出版社が出版している教材などの資格ビジネスもそれらの一つです。
実際、私の友人にも大原などの大手予備校に通って、コツコツ真面目に授業を受けています。
決して安くない授業料を払い、時に資格の合格とは関係ない講義も聴きながら会社や学校の合間を縫って貴重な時間を費やし、簿記3級のための資格勉強をする。

実は予備校に勤めている人間が言うのもおかしいですが、この方法、非常にもったいないことなんです。

簿記3級であれば、なおさらなんですけどもっと効果的に勉強する方法があるんです。

意外にも知られていない簿記3級に一発で合格する勉強方法とは?

もっと簡単に受かってしまう方法があるのに、予備校に通ったり、誤った資格試験の教材を購入して勉強することはあえて遠回りしているようなものです。

せっかくなら忙しい日常生活の中で時間を有効活用して、最短で勉強して一発で合格したいものですよね。

しかし、こうしたテクニックは予備校で受験のプロとして受験生に教えている立場ではわかっているものの、初めて受けようとする受験者からすると、どんな勉強法が本当に正しくて何が間違った勉強方法なのかわからずに、こうした資格ビジネスに平気でお金を費やしてしまいがちです。

実務をする上で知っておくべき情報がある?

将来、公認会計士を目指すために、基礎からしっかり勉強したいという方もいるでしょう。
そういう方には時間をかけて予備校に通って本を読んでじっくり勉強する、という方法も確かにあるとは言えます。
しかし、簿記3級試験のような難易度レベルの資格対策として、こうした勉強法を実践するのは実は自己満足に終わってしまうことが多いのです。

人間は自分で課題と感じた問題に対して主体的に取り組んだことしか脳に残らないという習性があります。

企業活動や会計実務でも、様々な問題に直面することがありますが、それは必ずしも試験対策の本や講義の中には出てきません。
現場で必要なのは、個々に異なるケースの中で直面した問題を頭の中でカテゴライズして、それを会計上のどのケースに対応するの考え、そのケースにおける最適解として当てはめて対応する業務が多数を占めます。
公認会計士になるために、簿記3級で求められているのは、このカテゴライズの部分だと言っても過言ではないでしょう。

本で勉強したり、予備校に通って合格対策の講義を聞くより、もっと実践的な実務形式の試験対策を行った方が良いというのもこのためなのです。

簿記3級に受かるためには本で勉強する必要ない?

もちろん、市販の本で勉強すること自体が全部無駄となるわけではありません。
市販の本の中には優れた著者によるものもありますし、体系的に勉強することもできるからです。
ただし、本で学ぶ方法を間違えてしまうと、簿記試験合格への道のりが遠回りになってしまいます。


本で勉強するには以下のように目的を持って勉強したほうが良いでしょう。

1.教科書で勉強する目的

本で勉強する場合に最もやってしまう過ちとして教科書で勉強してしまうことです。
正確にいうと、試験に合格する最短の道を目指しているのに教科書をメインで勉強してしまうことです。
多くの資格試験に合格した資格ホルダーの友人が言うには、そんな遠回りをする人はいない!と言われるのですが、私の知り合いでもこの過ちを繰り返してしまっている人が多いです。

結論から言うと、簿記3級のような資格試験合格を目指す受験者に対して教科書タイプの本は必要ないのです。
もしすでに購入してしまったのなら、今すぐそっと本棚にしまって今後見ないようにしましょう。
それでもどうしても、教科書で勉強したいと言う方には以下の方法を実践しながら、参考書程度に見るようにしてください。
またどうしても教科書を見たくて気になる方には、本屋さんなどにある参考書をパラパラ見て、簿記がどんなものなのか探る程度でも構いません。

2.問題集をひたすら解く目的

本で勉強する時に教科書が必要ないとしたらどのように勉強したら良いでしょうか。

答えは問題集を購入してひたすら解くという方法です。
これが簿記3級試験に合格するための近道の一つです。
ほとんど正解ですが、正確には2番目に正しい方法と言えます。
(一番正しい方法は最後に書きます)


簿記3級試験の問題は会計士として抑えるべきカバー範囲の中でもごく一部に限られています。
また問題もいくつかのジャンルに分けられるのですが、各ジャンルの中でも解答を選ぶ際には癖のようなものがあります。
予備校で受験生さん達に教えている私の立場で、あえて予備校で勉強するメリットを一つだけあげるとしたら、こうした癖のようなものを講師から直接学べるということです。
それでも、全ての講師がこうしたポイントを伝えてくれるわけではないですし、それ以外の時間も合わせて高い授業料に対してはもったいないくらいです。

というのも、こうした癖のようなものは問題集を解いていれば必然と身につくものだからです。
この癖を捉える、すなわち俗に言う、ポイントを押さえることができれば、簿記3級に合格したようなものなのです。

簿記3級には用語を問う問題がない

参考書が必要ない簿記3級試験特有の理由lとして、もう一つあげるとすると、簿記3級はとにかく会計実務の基本となる仕訳という問題が基本となります。
逆にいうと、一般的な資格試験にあるような用語を問う問題は一切出ません。

予備校でオススメしている簿記3級合格法

繰り返しますが、合否を分けるのは、基本となる仕訳問題をどれだけ早くこなせることができるかどうかです。

私がオススメの市販の問題集をあげておきます。

この問題集の効率的な使い方として、何周も問題を解くことです。
具体的には
1週目:1問ずつ問題を見て、考えずに解答をみる。これを2回繰り返す。
2週目:1問ずつ問題を見て、解答を思い出しながら解答と解説を見る。これを3回繰り返す。
3週目:問題を普通に回答する→一章ごとに答え合わせと間違った問題だけ3回解く
4週目:1週間で問題を3回回答する。

この方法が問題集を使った方法で最も効率的だと思いました。
最初の週は何が何だかわからないかもしれません。
それでもどんな問題が出るのか目に入れる、頭で覚えるための作業だと思ってください。
2〜3週目はこれをもっとスピードを上げて実践し、4週目では
ちょっとできる人なら、2、3週目である程度受かるとは思いますが、そういう方は4週目は完璧を目指すために間違った問題だけ重点的に回答するようにしてください。


一般に、このように問題集を使って勉強すると、1日数時間の勉強時間で一ヶ月くらいで合格することができるでしょう。

もっと楽して早く合格したい人には

ここまで読まれた方の中には、冒頭に書いてある本で勉強する必要がない、1週間で勉強する方法がないじゃないか、という方もいるかもしれません。

確かに、本を使って1ヶ月で勉強する方法はこれで構いません。

もっと短期間の1週間で勉強する方法もあります。


そんな方法があるなら最初から早く教えてくれ、と言われそうですが、合格のためには何よりも問題を解くことの重要性を理解していただく必要があったのです

その方法とは本を使わず、ひたすら問題集を解くという方法です。
正確には問題集などの書籍を使わないことで、効率的に問題を解く回数を増やして合格への近道を行く方法です。


問題集を使わずにどうやって問題を解くか。

それが誰もが持っているスマホのアプリを使って勉強する方法です。

最近では、簿記の仕訳の勉強するのにアプリを使うことが当たり前になってきているので、
app storeに行くと様々な仕訳アプリにあふれています。
残念ながら全てのアプリが最適とは言えないのが現状なので
ここでは私がオススメするアプリをお教えします。

3位. NEW 簿記3級 スピード仕訳

2位. 日商簿記検定3級 試験問題対策 アプリ オンスク.JP

1位. 日商簿記検定3級 試験対策問題集

いかがでしたでしょうか。

アプリの中には現役の予備校講師が監修しているものが確実なので、ぜひ選ぶポイントにしていただきたいです。

こうしたアプリを使えば解説を読むことで高い授業料を払っていく予備校に通わずして、同じ効果を得ることができます。
まさしく、短期間で学習効率の高い勉強ができるのです。
3000円近くかかってしまう書籍を買うのと違って、100円ちょっと購入できてしまうのも嬉しいですよね。

1位のアプリは予備校講師ならでは、ワンポイントアドバイスもありますし、気になったポイントを先回りして解説してくれるので、わざわざ参考書を見に行く必要もありません。

また通勤や通学途中の電車やバスの中やちょっとした待ち時間やスキマ時間でサクッと問題を解くことができるので、重い参考書や問題集を持たずに、またカバンをガサゴソして取り出す必要もありません。
(電車の中で本を取り出す作業って面倒ですもんね)

簡単な簿記3級といっても侮ることなかれ、です。
受験料も2800円と安くはないので、どうせなら時間もお金もかけずに最短、最小コストで合格したいものです。
中には有料のものもありますが、何ヶ月もかけて数千円の受験料を払って何度も受け直すより、数百円程度であればそこで悩まずに、一回でサクッと合格できるならその方がお得なのではないでしょうか。

少しでも多くの方が合格できますように!

1





cwkakuninさん