1. まとめトップ

日本の命綱は燃える氷!? その計画に迫る

メタンハイドレ―ドの開発計画に迫る

更新日: 2017年04月01日

0 お気に入り 80 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shigurettoさん

燃える氷とは

海底資源であるメタンハイドレードのことを指す。
クリーンでありながら日本近海に莫大な埋蔵量が確認されている。

日本はこの夢の資源の開発にどのような計画を立て、実行しているのだろうか

フェーズ1 平成13年~平成20年

【目的】
以下の4つについての調査を行い計画を次の段階に進めるべきか調査する

①東部南海トラフ海域のメタンハイドレード賦存状況の把握を行うこと
②産出方法の模索
③採算がとれるかの評価
④環境への影響の調査

【結果】
それぞれ次段階に進むべきとの評価が下された。
一方で産出方法についてはより長期的な方法を模索することが課題となった

フェーズ2 平成21年~平成27年

【目標】

①商業化への技術的課題の明確化
②経済的な算出方法の模索
③周辺海域のメタンハイドレード賦存状況の把握
④環境への影響の評価法の模索
⑤安全かつ経済的に開発できる可能性の提示

フェーズ3

【目標】

生産実験によるデータの備蓄
官民合同での商業化への技術整備

1