1. まとめトップ

WWDC 2017で発表される見込みの新サービス一覧|次期macOS/iOS11/Siriなど

アップルが恒例の開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」を6月5~9日にかけて開催されます。ここでは、次世代macOS High Sierra、iOS11、tvOS 11、Apple Watch、Siri、AR、Message、Health、Workflowに関する情報&噂をまとめてみました。

更新日: 2017年06月07日

idoido2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 14231 view
お気に入り追加

2017 Apple WWDCまとめ|10.5型iPad Pro、新型iMac、Macbook Pro、High Sierra、iOS11、HomePod、watchOS 4などといったApple新製品一覧

※※※※ WWDC 2017で発表される見込みの新サービス一覧

2017年2月16日、Appleから今年の「Worldwide Developers Conference (WWDCと略称) 2017」の日程が正式に発表され、現地時間2017年6月5日〜6月9日に開催されることが決定しました。

会場はSan Joseに建設されたApple新本社の近くにあるマッケナリー・コンベンションセンター。今年で28回目の開催となります。

【更新中】iPhone8、iMac2017及びiPad Pro新製品など2017年アップル新製品一覧!でも2016年新機種アップルが発表会で同時に公開しないように、Apple 新製品 2017年にも別々に公開する。アップル発表会 iPhone8はいつもの9月で、2016アップル新製品に欠席したデバイスは2017春で、3月以降になりそうである。これから詳しいアップル新商品情報をご覧ください。

開発者向けのチケットの申込みも、3月27日午前10時(太平洋夏時間)から始まるようです。会議の内容は開発者向けウェブサイトやiPhone、iPad、Apple TV用のアプリケーションへストリーミング配信されるので、ぜひ見逃さないようにしたいですね!

チケットの販売は3月27日午前10:00(PDT)より開始されます。参加を希望するデベロッパーの方はこちら(https://developer.apple.com/wwdc/register/ )から申し込みを。

Apple新製品のリーク情報&最新情報まとめ|2017 iPhone、次世代10.5インチiPad Pro、iOS11、HomePod、新しいtv OS、watchOS 4、次世代macOS:High Sierra!、iMac Pro、新型iMac、MacBookアップデート版など

Apple(アップル)は、開発者向けイベント「WWDC 2017(世界開発者会議2017)」を6 月5日〜9日に開催すると発表しました! 開催地はカリフォルニア州サンノゼの マッケナリー・コンベンションセンターです(Appleの新社屋の近く!)

米Appleは、現地時間6月5日(日本時間6月6日)に開催した開発者向けイベント「WWDC 2017」で、新しい10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Proを発表しました。日本では6月6日から予約を受け付け、翌週から販売します。

仕様としては6コア A10X Fusionプロセッサーを搭載、3コアが高性能、3コアが高効率という役割分担。そして40%速くなったという12コアGPU、さらにリフレッシュレート120HzのTrue Tone ディスプレイを搭載しました(従来モデルは60Hz)。

10.5インチ/12.9インチともに、最大120Hzのリフレッシュレートに対応する新しいProMotionテクノロジーを採用したRetinaディスプレイを搭載。解像度は10.5インチが2224×1668、12.9インチは2732×2048で、PPIはどちらも264ppi。iPadシリーズで最も明るく、反射防止コーティングを施しているため屋内でも屋外でも見やすく、なめらかなスクロールや迅速な反応、従来以上にスムーズな動画再生を実現した。

最大18コアのプロセッサ、22テラフロップスのGPUパフォーマンス、高速ストレージと先進的なI/Oを搭載しています。12月に発売されます。

CPUがスゴい。最大18コアってスゴい|Radeon Pro Vegaがスゴい。世界最強種のグラフィックがスゴい|メモリがスゴい。128GBまで増やせるのがスゴい|4つのThunderbolt 3ポートがスゴい。4台の4Kディスプレイと接続できるスゴい

ハイエンド向けの一体型デスクトップPC「iMac Pro」を発表した。27インチの5Kディスプレイに最大18コアのXeonプロセッサ、グラフィックスにRadeon Vega graphicsを搭載。12月に発売する。価格は4999ドルから。

あなたを引きつけて離さないデスクトップ体験を届けたい。今という時代のiMacは、
そんな思いから作られています。この思いをかつてないほどパワフルに体現したのが
新しいiMacです。

新しいiMacはこれまでで最高のディスプレイを搭載しているほか、CPU・GPU・メモリ・Fusion Driveが全モデルに比べて良くなっています。2017年のiMacはワクワクするほど、魅力的に仕上がっています。21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデルは142,800円(税別)から

2010年iMacをまだ使ってる私ですが、7年前に最初からcore i7にバージョンアップさせて購入したおかげで、全くもって買い換える必要がないまま今を迎えました。ハードディスクも昨年温度センサー含めて交換したためまだまだ大丈夫なのですが、これだけ使っているとやっぱり劣化するのがモニター。

徹底的に薄く、驚異的に軽く、かつてないほど速くてパワフル。目に飛び込むのは、
Macのノートブックで最も明るく、最もカラフルなディスプレイです。指先が届く場所には
Touch Barを搭載しました。キーボードに組み込まれたこのガラスの帯はMulti-Touchに
対応し、使いたいツールを使いたい時にいつでも一瞬で使えるようにします。

最新のMacBook Proを持つ人にとっての唯一の救いは、Kaby Lakeは前世代のSkylakeに比べて必ずしも速いとは限らないこと。それは、Skylake搭載のMacbook Proと、RazerとDellのKaby Lake搭載コンピュータを比較した結果、明らかになっています。

WWDCにおいて、新Mac PCのVR性能は華々しくアピールされました。SteamVR、Unreal Engine、Unity Editorといったアプリが対応することも伝えられました。

13インチモデルおよび15インチモデルの「MacBook Pro」を2017年モデルと2016年モデルでスペックや仕様を比較してみた!最新モデルを購入するべきか、それとも整備済み商品を購入するべきか悩んでいる人は参考にどうぞ!

次期macOSの名称(macOS High Sierra)に関する噂がネットで多く流れています。

次期macOS、macOS High Sierraは、Apple File System (APFS) という新しいOSのファイルシステムにもサポートしています。また、iOS 11、macOS 11、tvOS 11、A11などといった”11”で呼ばれるものが多く、次期macOSもmacOS 11と名付ける可能性が高いようです。

システムの中核にある新しいテクノロジーが、あなたのMacの信頼性、能力、反応の良さを引き上げ、次にやってくるイノベーションの基盤を築きます。それだけではありません。あなたが毎日使う機能やアプリケーションもさらに磨き上げます。macOS High Sierraは、これまでで最も高いレベルに到達したmacOSです。

macOS High Sierraには、Macの最も重要な機能をより優れたものにする新しいコアテクノロジーを採用しました。データの管理方法を設計し直し、ビデオの再生方法を改良し、グラフィックプロセッサのパワーを完全に解き放ちます。そのすべての進化が、これからのMac体験の核となります。

詳細は、https://www.apple.com/jp/macos/high-sierra-preview/ までにご参照ください。

2017年リリース予定の次世代macOSに関する噂やリーク情報が浮上しています。今回の記事では、次期macOS 2017(macOS High Sierra)を中心に、いろいろな情報を見やすく分かりやすく整理してまとめます。例えば、このmacOS 2017(macOS High Sierra)の正式名称と由来、macOS Sierraからどう進化するか、目玉機能と改善どころ、一般向けリリース日と対応機種等と最新情報から徹底分析しましょう。

Apple Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017では、次期macOSを発表されることが決定。次期macOSの名称は何?macOS High Sierraか?それともmacOS10.13ですか?

動画を観ながら、ひと目で(Mac)OS Xの歴史が分かります。

次期バージョンの「iOS 11」は2017年秋に正式リリースとみられています。iOS 10からどんな新機能が追加されますか?

「iOS 11」で18万個以上のアプリが使用不能になる恐れ|新機能 AR搭載予定?Core Image API/コントロールセンター/ホーム画面へウィジェットなどにも最新技術を導入しました。

iOS11では、Siriの人工知能が強化され、iMessageやiCloudと連携してユーザーの行動を学習、次の行動を先読みした提案が可能になる、とイスラエルのテクノロジー系ブログThe Verifier、翻訳機能も追加されると報じています。iOS11は、6月に開催される世界開発者会議(WWDC 2017)での公表が確実視されています。

次期のtvOS(tvOS11)では、新しい4K Apple TVに対応する見込み。

Mac Rumorsは、第5世代となる新型Apple TVの最初の証拠が見つかったと伝えています。ゲーム開発のFiri Gamesが「tvOS 11.0」で動作している「AppleTV6,2」というモデル名のデバイスのアクセスログを発見しました。

1 2 3





異国文化に興味を持ってます。中国・韓国・海外などの国の面白いことをご紹介します。お願いします。

このまとめに参加する