1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【2017年4月公開】予告で絶対見たくなる映画10選【おすすめ】

番号は順位ではなく公開日順です!

更新日: 2017年05月01日

81 お気に入り 41266 view
お気に入り追加

1.ゴースト・イン・ザ・シェル

2017年のアメリカ合衆国のSF映画。士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ルパート・サンダースが監督を務め、ジェイミー・モス(英語版)とウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガーが脚本を手掛けている。

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していた。そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐は同僚のバトーらと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付く。やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐は、自身の驚くべき過去と向き合うことになる。

2.おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭

おそ松さんとは?

2015年10月から2016年3月までテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-X、BSジャパン、ニコニコ動画にて放送されたテレビアニメである。また、赤塚不二夫の漫画の『おそ松くん』を原作としたテレビアニメとしては第3作にあたる。1988年に放映されたテレビアニメ第2作『おそ松くん』以来、約27年ぶりのテレビアニメであり、初の深夜アニメとしての放送となった。

あの6つ子たちが、映画館でも大暴れ!?
今回は、6つ子それぞれのメインエピソードをセンバツし、
「おそ松部屋」「カラ松部屋」等、6つの部屋に分けて上映!
各部屋共通パートとして、「おそ松さん おうまでこばなし」より一部エピソード、さらに、待望の新作ショートエピソードを盛り込んだ、スペシャルな劇場オリジナル編集版!

3.午後8時の訪問者

爽快感を覚えたり、心に澱のようなものが残ったり…終映後の感覚はさまざまだが、強烈ではなくても、何かが心に引っかかる映画というのがある。いくつかのシーンが繰り返し記憶によみがえり、劇中世界に呼び戻される。

 4月8日公開の仏映画「午後8時の訪問者」はそんな作品だ。

4.マイ ビューティフル ガーデン

イギリス人にとって、庭とガーデニングはなによりも特別なもの。立派なバックヤード(裏庭)がある家も多く、そのこだわりには並々ならぬものがあるという。その“庭”を舞台にした本作は、植物嫌いな女の子が、植物好きな初老の男性からガーデニングの素晴らしさを一から手ほどきされることになる、ハートウォーミングな人間ドラマだ。

5.グレートウォール

デイモン演じる傭兵ウィリアムが旅の途中で辿り着いた万里の長城は、地球半周越えの距離を誇る人類史上最大最長の建造物にして、最強の防壁だった。予告映像では、城壁の外から圧倒的な力で攻撃を仕掛けてくる謎の敵と、ウィリアムが命懸けで戦う壮絶なアクションシーンを公開。

6.パージ:大統領令

アメリカ合衆国のスリラー映画である。2013年から続く「パージ」シリーズの3作目である。公開年に米国内で行われた大統領選を題材としたことなどから、シリーズとしては最大のヒット作となった。

7.人生タクシー

死刑制度について議論する路上強盗と教師。
一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者。
交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻。
映画の題材に悩む監督志望の大学生。
金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆。
国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪。
強盗に襲われた裕福な幼なじみ。
政府から停職処分を受けた弁護士。
などなど、、、
タクシーのダッシュボードに置かれたカメラを通して繰り広げられる、悲喜こもごもの人々の人生。

1 2





フリードッグさん