1. まとめトップ

甘くて濃厚な緑☆ブロッコリー

これぞ緑!と言いたくなるような濃厚な緑の味で楽しませてくれるブロッコリーグルメの紹介です。

更新日: 2019年05月13日

1 お気に入り 547 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブロッコリー大好きです。

moepapaさん

ブロッコリーとは

ブロッコリー(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花椰菜)。カリフラワーはブロッコリーの変種である。単位は「株」である。

地中海沿岸の原産。食用とするのは蕾の状態の花序と茎であり、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつける。
品種はピクセル、エンデバー、グリーンベール、シャスター、パラグリーン、マーシャル、チャレンジャー、海嶺、雷鳴、緑炎、緑帝、緑笛、緑嶺などがある。

日本での主産地は北海道(2012年収穫量:22,600t、栽培面積:2,440ha)、愛知県(同:15,700t、951ha)埼玉県(同:14,900t、1,260ha)であり、市町村別では愛知県の田原市が全国で最も生産量が高い。
常温でも外見が変化しないカリフラワーに対し、ブロッコリーは収穫後ただちに低温保存しないと変色が進んでしまうことから、保存技術が未熟だったかつては、ブロッコリーの流通量は、カリフラワーに大きく水を開けられていた。

緑色の花蕾と茎を食用とする。ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含む。日本ではゆでてマヨネーズなどの調味料をつけて食べることが多いが、欧米ではサラダなどで生食されることも少なくない。スープやシチューの具、炒め物、天ぷら、糠漬け(主に茎)にすることもある。茎の部分の外皮は、繊維質で硬く食感が悪いことがあり、その場合は剥いてから調理するとよい。

ブロッコリー料理の数々

真のブロッコリー好きに愛される、ただ茹でただけ。
マヨネーズなどを添えて。

おいしくて人気のブロッコリー

つぶやき その15 定番の朝食です! ブロッコリー〔+マヨネーズ〕 目玉焼き 豆腐 納豆 味噌汁 自家製ヨーグルト〔+オリゴ糖〕 ピスタチオ 5粒 #糖質制限 家内に感謝です!☺ pic.twitter.com/FNY5zhDB2b

1 2